DRAGONS NEVER DIE 〔TYPE:SSS〕


我らが中日ドラゴンズの誇るスーパーサブの選手を応援するブログです。
by Izanagi52
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:ユニフォーム関連( 36 )

ユニで分かる我が子の成長

 昨年9月に生まれたうちのジュニアですが、常に平均生育値の上限を行く成長ぶり(太りっぷり?)で順調に育っております。

 先日、会社の組合の連絡紙に「私の宝物」という題材で文章を書いてくれと頼まれました。普通に「あなたの宝物は?」と訊かれたら「家族です」と答えるところですが、参考にと貰ったその機関紙のバックナンバーを見ると、やはりみんな家族やペットを宝物として挙げていたので、ここで普通に「家族です」と書いても面白くないだろうな~と思い(別に面白いことを書かなければいけないわけではないんですが・笑)、純粋に「物」で何か宝と言える物はないかと考えた結果、昨年本人にサインを入れてもらった高橋光信ユニしかないという結論になりました(笑)。

 もともと文章を書くのは好きですし、しかもユニについて書くとなれば気合いも入り文章はすぐ書けたのですが、文量が所定の原稿用紙内に収まらず(笑)、苦心して添削し、何とか無難に文章をまとめあげることが出来ました。

 また、依頼では文章と共に本人の写真も添付してくれと言われたので、ジュニアを抱いている姿を嫁に撮ってもらいました。その際、テーマに合わせて自分は光信ユニを着て、ジュニアにもチビ久慈ユニを着させたのですが、このブログでお披露目した頃にはまだ全然ブカブカだったチビユニが、今ではもうジャストサイズになっていて、以前は背中の「KUJI」の文字がゆがんでしまっていたのに、今は文字がちゃんときれいに並んで見えるようになりました。

 久慈ユニで分かる我が子の成長。父親として喜びを感じる一方で、今年夏頃のタイガース戦でこれを着させてドームデビューさせようと思っていたのが、この成長ペースだとその頃にはもう絶対この久慈ユニを着れなくなっている事も分かり、嬉しいような悲しいような複雑な心境でした。
f0089657_11573145.jpg

[PR]
by Izanagi52 | 2006-02-16 11:56 | ユニフォーム関連

こだわりのユニメーカー・一球を語る

 自分のような細かい点にうるさいユニフォーマーに愛されている一球製品ですが、同じこだわりユニフォーマーのSさんからこんなメールを頂きました。ご本人の許可を得て転載させて頂きます。
f0089657_11542434.jpg

それにしても、最初にヘンリーネック見た時は衝撃的でしたよ。
「なんなんだ!?NPBついてないのにこのリアルなユニは?」って(笑)
初めて見たのは確かまだ山田竜の頃にドームでベイスターズファンが
着てたのを見たと記憶しているのですが・・・
ネットで調べて一球という会社の存在を知ったのですが中日のは
出ていなかったので落合竜になって発売されたのを知った時には
迷わず購入しましたよ(笑)選手は特に決まってませんでしたが
ちょうど観に行ったその日に川上が登板したので川上にしました。

一球のサイトって、前はいつも工事中の中日グッズのコーナーもちゃんと
看板だけあったのにいつのまにか巨人、阪神、横浜しかなくなっちゃいましたね。
中日のはいつ出来るんだろう?って少し期待していたのに・・・

一球のユニ担当社員はこだわりユニフォーマーに違いないですよ!
僕もこんな会社で働きたいです(笑)真剣にやりがいありますよ。

 …分かります分かります、自分も球場で中日のヘンリーネックを最初に見た時は「どーせプリントでしょ」とか思って軽く見ていたんですが、よく見てみると自分が着ている刺繍のメッシュジャージよりはるかに文字のバランスや生地の発色が良く、更に色もホームとビジター両方ある上
に選べる選手の数も多くて二度びっくりした記憶がありますから。

 ちなみに下の比較写真は、この時自分が着ていたメッシュジャージと、一球製ヘンリーネックの背中の画像です。文字のバランス、大きさ等、随分違いがあるのが分かると思います(勿論一球の方が実物に近いです)。
f0089657_11545286.jpg

 また、昨年、開幕時には売られていなかったアレックスやウッズのヘンリーネックが、ペナントが盛り上がってきた夏頃に新作として新たに売り出されたのですが、そういう臨機応変なところも素敵です(なのにタテジマは何故選手数も少なくてビジターユニもないんだろう…)。Sさんも触れられている通り一球はその他の球団のグッズも作っているのですが、巨人の場合はトレーニング用の黒ユニも売っており、巨人ファンの同僚がこれを愛用しているのですが、こちらも例に違わず出来は良いです。

 昨年、球団創設70周年記念で売り出された阪神のメッシュジャージと、リーグ優勝後に販売された優勝記念ワッペンの入ったメッシュジャージも一球製なのですが(後者はシャープ産業製もアリ)、先に書いたように一球製の生地、刺繍、文字の大きさやバランスは絶品で、それまでのシャープ産業製のメッシュジャージとは比べものにならない出来栄えでした(値段はシャープ産業製より若干高めですが、この出来なら誰も文句は言わないでしょう)。こちらも比較写真。シャープ産業製の画像はネットオークションに出ていたものを拝借したもので、一球製のはSさんに送ってもらった画像です。デブっとして小さめなシャープ産業製の文字と数字に対して、一球のは大きめでシャープな文字なのが一目で分かると思います。そして何より、「6」のド真ん中を貫いているタテジマのラインを見て下さいよ。これだけで一球製品のバランスの良さ、こだわりが分かるはずです。生地もシャープ産業製の安っぽいメッシュ素材ではなく、プロモデルに準じた生地を使っています。
f0089657_11551467.jpg

 あとこちらは公式サイトから拾った、シャープ産業製メッシュジャージと一球製ヘンリーネックの比較写真です。刺繍/プリントの差はありますが、こちらも上と同様のことが言えます。
f0089657_115625.jpg

 「阪神の公式サイトで取り扱っているメッシュジャージは今もシャープ産業製だけど、出来たら一球製に切り替えてもらいたいですよね」と、自分やSさんは常々話しているのですが、現時点では一球製阪神メッシュジャージはホームタイプしかなく、選べる選手も一部主力選手のみしかありません。更にサイズもフリーしかないのが難点と言えば難点です。もしサイズが増えて選手数も増やせば(もしくは特注で好きな名前や背番号を入れられるようにすれば)、多少値段が高くなっても着る人はもっと増えると思うんですけどね~。自分やSさんは間違いなく買うでしょうし(笑)。

 このようにプロモデル顔負けの一球製メッシュジャージ、是非阪神ファンの方に手に取ってもらいたい一品です(一球のまわし者じゃありません・笑)。そして一球さんには是非とも中日のメッシュジャージも手懸けてほしいと思います。
[PR]
by Izanagi52 | 2006-02-15 11:53 | ユニフォーム関連

春田のヘンリーネックTシャツ到着~一球最高!

 昨年末、ドラゴンズの公式サイトのオンラインショップに「新入団記念ヘンリーネックTシャツ」が発売されるという告知が出ており、予約を受け付けていました。

 個人的に注目の春田君のヘンリーネックが売られるとなれば注文しないわけにはいきません(笑)。その時早速注文したのですが、それが昨日ようやく届きました(当初は1月上旬発送とのことでしたが、雪の影響で生産が大幅に遅れたそうです…中日オンラインショップは結構納期がいい加減)。
f0089657_11474037.jpg

 自分は今年春田君のプロモデル作るつもりなので、この春田君のヘンリーネックは最初から嫁に着させようと思って買ったものです。サイズもフリーしかなかったのでどうせ自分は着れないし…。

 あ、そもそもヘンリーネックTシャツはなんぞや? という方もいらっしゃると思うのでちょっと解説しておきます。ヘンリーネックTシャツというのはここ2、3年各球団が売り出している売れ筋グッズの1つで、形状は丸首のTシャツの正面に胸あたりまでの開きがあるデザイン(ボタン付き)で、プロモデルやレプリカユニが背番号・背ネームが刺繍なのに対して、ヘンリーネックはあくまで「Tシャツ」なので、それらは全てプリントになっています。しかし、3,675円というお手頃な値段と売られている選手数の多さ、そして出来の良さから、自分やSさんのような“こだわりユニフォーマー”達の間ではかなり高く評価されているグッズです。

 プロモデルは選手が実際着ているユニとほぼ同じ作りなので最強ですが、レプリカユニやその他のTシャツなどは背番号、背ネームなどの大きさや配置のバランスがかなり適当で、実物やプロモデルと比べると全体的にかなりアンバランスです(ユニにうるさい自分達から見ると)。それに対してこのヘンリーネックTシャツは、文字や数字のバランスは実物そっくりにプリントされており、刺繍でないことを除けば100%完璧なレプリカと言えます。

 また、今回この春田Tシャツを実際に手にしてみて驚いたのですが、Tシャツと言いながらも生地はメッシュ地だし色も実物とほとんど一緒の濃いブルーで、テレビなどでビジター用のユニを見ていて思うあの「微妙なテカテカ感」まで忠実に再現されているではありませんか! これにはほんとびっくり。自分の持っている光信ユニはビジターのレプリカユニなんですが、文字のバランスは変だし生地の青色もくすんでいるしで全然こっちのヘンリーネックの方が出来がいいんですよ(ただ、それだけに刺繍でないのが残念!)。

 そもそも、このヘンリーネックTシャツを作っているのは、こだわりユニフォーマー達の間で非常に高い評価をされている「株式会社一球」というメーカーで、自分は「限りなくホンモノに近いレプリカを作るメーカー」と一球を高く評価しています。

 昨年阪神のメッシュジャージを買われた方は、一昨年までと全然作りが違うことに気づかれた方も多いのではないでしょうか。はっきり言って、一昨年までの阪神のメッシュジャージ(シャープ産業製)は、背文字も背番号も肩の虎のワッペンも小さいし生地はペラペラだし全体のバランスも悪いし……とかなり出来の悪い代物でした。それが昨年から生産メーカーが一球に代わり、生地はプロモデルと比べて遜色ない生地に変わり、文字や数字のバランスも大幅に改善され、「これならプロモデルはもういらない」と言い放った阪神ファンもいたほどの出来栄えに代わりました。

 このように、一球製のメッシュジャージやヘンリーネックTシャツはほんとに出来がいいので、今年観戦用に新しいユニの購入を考えておられる方には是非ともオススメしたいです。特に中日ファンの方にはこのビジタータイプのヘンリーネックの生地の触り心地の良さと発色具合を是非実物を手にして感じてもらいたいです(写真で正確な色を再現出来ないのが残念!)。

 あー、中日のナンバージャージシリーズも阪神みたいに一球製になってくれないかなぁ~…。
[PR]
by Izanagi52 | 2006-02-03 11:46 | ユニフォーム関連

プロ野球 背番号雑感②

 一般的に、ドラフトで上位指名された選手、鳴り物入りで入団してきた選手などは優先的にいい背番号をもらえます。そして指名が下位にいくにつれて番号は大きくなり、指名最後の方の選手などは60番台、70番台(時には90番台)になってしまいます。そういう意味では自分が好きな50番台の背番号などは本人が特別希望しない限り自動的にドラフト下位指名の選手が付けることが多い番号です。

 自分は来日1年目に52番を付けて投げていたドラゴンズのクローザー(当時)ギャラードや、代打や控えとして(当時)活躍していた神野(54)など、昔からそういう大きな背番号を背負って一軍で活躍している選手が好きだったんです。

 現役選手でも、先に名前を挙げた川崎や赤星など、あれだけ活躍して人気も実績もある選手ならば、もっといい番号がほしいと言えば球団も二つ返事で変えてくれると思うんですが、今や川崎の52や赤星の53、黒木の54などはファンに名前と同じくらい認知され浸透している番号なので、彼らがそれ以外の番号を付けている姿など想像も出来ません(イチロー然り)。

 …そんなワケで、今季ドラフトで中日に入団が決まった新人選手の中でも、自分の好きな番号である52を付けることになった春田剛君と、53の柳田君の二人は他の選手よりちょっと贔屓して応援したいと思います。

 特に入団前から注目していて、入団後もずっと背番号の去就を注目していた春田君が、自分の一番好きな52番を付けることになって、こんなに嬉しいことはありません。やはりこれは記念にプロモデルの春田ユニを作らなくてはならんな~と今から意気込んでおります(笑)。
[PR]
by Izanagi52 | 2006-01-15 11:41 | ユニフォーム関連

プロ野球・背番号雑感①

f0089657_5134911.jpg
 このブログをいつも御覧頂いている方ならご存じとは思いますが、自分や自分の野球観戦仲間達は、いつも観戦の際は好きな選手のユニフォームを着ています。

 みんながどういう理由でその選手のユニを着ているのかは各自それぞれ違うと思いますが、自分の場合は、①単純に好きな選手だから着ている(or着ていた)というユニ(例:久慈ユニ、李鍾範ユニ)もあれば、②背番号がかっこいいから着ている(or着ていた)というユニ(例:高橋光ユニ、正津ユニ)もあります。また、③名前のアルファベットの並びがかっこいいからという理由で買ったユニ(例:アレックスユニ、ギャラードユニ)もあるわけですが、②や③のような場合、最初はそういう理由で買ったものだとしても、着て応援していると自然とその選手が好きになってくるから不思議なものです。

 なので、①の場合は勿論、②や③の場合でも、持っているユニの選手は全員好きで応援している選手ということになります。なので、ユニを持っている選手は、どこかやっぱり自分の中で特別な存在だったりすることが多いわけです。

 で、②のパターンの場合、どういう背番号がかっこいいと思うのかというと、あくまで個人的な嗜好ですが、出来たら二ケタで、十の位より一の位の方が小さい数字の番号…つまり、21とか32などですね。そういう番号が好きなんです。

 その中でも特にかっこいいと思うのは、21、31、32、40、41、42、51、52、53、54。その他では4や0、47、57とかもかっこいいと思います(あくまで感覚的なものなので根拠はないです)。

 レギュラーナンバー(1~9)や主力投手に多い10番台や20番台の番号は、確かに背中にしょった時の見た目はかっこいいんですが、ロッテの黒木(54)やホークスの川崎(52)、阪神の赤星(53)、そして今季ヤクルトの守護神として活躍した石井(61)のように、上位指名でなくても努力と才能でチームの主力に成長し、今でも入団当初の大きい番号をつけている選手というのが凄くかっこいいなって思うんですよね。中でも51をメジャーにしたイチローなんてその筆頭です。なので、テレビなどで野球中継を観ていても、そういう大きい背番号の選手がいると自然とそちらに目がいってしまいます。

 続く。
[PR]
by Izanagi52 | 2005-12-24 05:13 | ユニフォーム関連

1年1着…観戦用ユニ理念

 大学・社会人ドラフトも終わり、各球団とも来季に向けた戦力補強が最終段階に入りつつあると思われますが、久慈さんをはじめまだ移籍先が見つからない選手達はこの25日の関西地区トライアウトに全てを賭けることになります。1人でも多くの選手達が来季もユニフォームを着て現役を続行出来ることを願ってます。

 …さて。

 自分はいつも野球観戦の折には好きな選手のユニフォームを着て観戦しているわけですが、自分の中で毎年1着新しいユニを作るというのがここ数年の定番になりつつあります(笑)。

 ユニと言ってもその選手の「好き度」「期待度」によって幾らのユニを作るか変わってきます。

 久慈さんのように特別思い入れの強い選手だと約3万円もするプロコレクション(プロモデル)になりますし、「好きだけどまだちょっとどれだけ活躍するか分からないな~」と思う選手の場合はとりあえず5千~7千円前後のレプリカ(メッシュジャージ)になります。

 当然、野球選手は生え抜きであろうと人気選手であろうと、引退や退団などでチームを去る時が来ます。ユニを作る時はそういう事態も想定して作るわけですが、「せっかく高い金を出して作るなら長くチームにいそうなレギュラー選手のにしよう」とかいうセコイ考えはなくて、「1年1着」の理念(?)で、やはりその時自分が応援したいと思う選手のユニを作るようにしています。そうでないと球場で着る甲斐がないというものです。

 以前このブログでも書いた通り、自分達の仲間で“スーパーサブス”を結成しましたが、このメンバーにはそういう考えの人たちが集まっています。

 勿論、市販されているレギュラー選手のユニを着ている人を否定するわけではありません。市販のユニでも、その選手が本当に好きでその選手のユニを着ている人達は素晴らしいと思いますし、志(?)は同じ、真のユニフォーマーだと思いますしね。
 
 ただ、自分達のように控え選手のユニを作る場合、レギュラー選手に比べてオフに放出されたりする可能性が高くなるため、せっかくユニを作っても翌年その選手がいなくなってしまった…という事態になることも多々あります。なので、「特に好きな選手はいないけど5~6年は着たい…」と思ってユニを買われる方は、市販のレギュラー選手のユニにした方が懸命だと思います(体験者談)。…って、いつの間にか話がユニを作る時の注意事項になってますが続けます(笑)。

 自分は外国人選手も好きなのですが、外国人助っ人の場合、仮に良い成績を残していても契約の問題で1~3年で退団してしまうケースが多いので、日本人の控え選手より退団の確率はかなり高いと言えます。

 自分は今まで、ドラゴンズでは李鍾範、ギャラード、アレックスと歴代外国人選手のユニを作ってきましたが、退団のリスクの高い中、何故外国人選手のユニを好んで作るのかというと、外国人選手の背ネームがかっこいいから、というのがあります。李は「J.LEE」、ギャラードは「GAILLARD」。アレックスは「ALEX」と、見た目にかっこいいじゃないですか。日本人の名前って、アルファベットにして並べてみてもやっぱり日本人っぽさがあって、あまり文字の並びがかっこいい名前って少ないんですよね(そんな中、KUJIは格別にかっこいいと思います)。本当に好きな選手であれば文字の並びも気になりませんが、自分やSさんのようにユニに対して独特なこだわりを持っているユニフォーマーはやはり「背番号のかっこ良さ」や「文字の並びのかっこ良さ」というのも気になってしまうものなんです。

 で、まあ何が言いたいのかというと、そういうことも踏まえて、来年誰のユニを作ろうかな、ということなんですけど(前フリ長すぎ;)…。自分の場合、まず中日の選手にするか阪神の選手にするかというところから始まるので、まずそこを決めなければいけません(笑)。勿論、久慈さんがもしセリーグの他チームに移籍した場合はそのチームのユニをプロモデルで作ることで即決ですが、そうならなかった場合は、やはり来季も「1年1着」の理念に従って誰か他の選手のユニを作りたいと思っているんです。

 ん~。でも中日では既に持っているアレックスユニと高橋光ユニも気に入ってるからなぁ~。この2人は来季もいるし、この2枚があれば来年1年の観戦は乗り切れるかなぁという感じなので、来季は中日選手のユニは作らないかな…。あ、背番号が40か52だったら、個人的に応援しているルーキー・春田君のユニを作るかも(笑)。

 阪神の方では、やっぱり久慈さんが退団しても久慈ユニを着たいというのがあるんで、来季は久慈ユニと……あと予備で誰かレプリカユニを作ろうかなぁという感じです。ドラゴンズ一筋だったSさんも来年の観戦用に金本兄貴のユニを買ったっていうし、来季はナゴヤドームでSさんと本気で阪神応援してそうな気もするしなぁ…。そうなるとやっぱり「その時在籍している選手」のユニも持っておきたいなぁと。じゃあ誰の?となった時にまず思い浮かぶのは下さん。文字数多くて得した気分だし(笑)、背番号の42も日本人らしくなくてかっこいいし。あとは秀太。あ、シーツもかっこいいな。作るなら白い縁取りのあるビジターユニがいいかなぁ…。

 よし、来年作るなら下さんユニだな。SHIMOYANAGI。文字数多いなぁ~。
[PR]
by Izanagi52 | 2005-11-22 05:02 | ユニフォーム関連

スーパーサブス結成!

 先日「スーパーサブの集い」の模様をお伝えしましたが、渡邉ユニのSさんから、「これだけの人数が集まってレギュラー選手が1人もいなくしかもスーパーサブスというネーミングがあるユニフォーマーズというのは多分ドーム史上初じゃないでしょうか(笑)」というメールをもらい、確かにそうだよな~と実感。

 数年前に比べるとドームの観客のユニ着用率が格段に上がってきている昨今、集団でユニを着ている人達もよく見かけるようになったわけですが、自分達のようにこういうスーパーサブのユニを着たメンバーだけが揃ったというのは多分例がないはず(自分は高橋光ユニ以外にもアレックスユニや久慈ユニも着ているし、モンテコックリ君は仁村ユニも着ているので、意図的に狙っている部分もあるんですが)。

 偶然と必然の狭間で集ったこの6人で、何とか今季中に一度はドームに行ってその存在をアピールしなければ……と決意しました(笑)。
f0089657_23251655.jpg

[PR]
by Izanagi52 | 2005-08-20 23:24 | ユニフォーム関連

川相ユニ

 以前月刊ドラゴンズに投稿した記事と写真が掲載されて、景品としてユニフォーム(背番号なし)をもらいました。しかし背番号も名前も入ってないのはやはり寂しいので、いつもユニへの刺繍をお願いしているスポーツ用品店にこれを持ち込んで背番号の刺繍をお願いしていたのですが、それが今日無事に完成して届きました。今回背番号を入れたのは…川相選手です(笑)。

 「何故川相?」と言う人もいるでしょう。「そのうち引退しちゃうじゃん」と思う人もいるでしょう。ハイハイ。でもですね、ここをいつも読んで下さっている方であれば、自分の好きな野球選手の嗜好というのも分かってもらっているはずなのでそんなことは思いませんよね。

 昨年川相選手が移籍してきた時、「巨人というブランドを捨ててやって来た」ということで、川相の加入は熱狂的な中日ファンからも大歓迎されたのでした。「代打・川相」がコールされた時の物凄い歓声がそれを物語っています。

 若手へのアドバイスは勿論、バントや代打、守備固めなどでも戦力として活躍しました。昨年優勝時に選手会長の井端が「今年一番大きかったのは川相さんが来てくれたこと」と言いましたが、まさにベンチでグラウンドで有形無形の活躍でした。

 今季も勿論その存在感は健在ですし、ドラゴンズ・スーパーサブスの筆頭としてバントや守備固めでも活躍していますが、自分が川相を特に応援するようになったのは、今年初頭に出版された川相本人著の『明日への送りバント』を読んでからです。

 川相の少年時代に始まり栄光の巨人時代から巨人を解雇され中日に来て優勝するまでのこと、そして家族とのプライベートなこと…。これ1冊に川相昌弘という人間のこれまでの生き方と人間性が凝縮されている良書です。自分はこの本を読んで川相という選手を応援する気持ちがますます強くなっていったのでした。

 とはいえ、その気持ちがすぐに今回のユニの注文に直結したわけではないんです(笑)。

 自分は観戦用のユニは既にアレックスと光信を持っており、さすがに3着目を作っても着れないしなぁ…と思っていたので、月ドラの景品でユニをもらえるとなった時、荒木ユニ1枚しか持っていない嫁にこのユニをあげることにし、サイズも嫁に合わせてMサイズをもらったのでした。自分はLL or XOなので当然着れません。嫁に「もらったユニ、誰の背番号入れる?」と聞くと、嫁は荒木一筋なので「別に誰でもいい」との返事。じゃあ俺が好きな選手にしよう!ということで意気込んだものの、散々悩んだんです。

 候補としては、川相(7)、チェン(31)、川岸(41)、ウッズ(44)などが挙がっていたんですが、嫁が着ることを考えるとウッズはちょっと違うし、チェンは近い将来自分が着たいし(笑)で消え、背番号もかっこいい川岸と好きな川相かで悩んだんですが、最終的に川相に決めたのは、観戦仲間であるSさんが渡邉ユニを作ったのがきっかけとなりました。

 渡邉も言わずと知れたスーパーサブスの1人。いつもの観戦仲間が着ているユニを考えると、柳沢、大西、光信、英智と来て、ここにSさんの渡邉が加わったのであれば、もうこれは自分としては当然の流れで川相を作るしかないでしょう!となったわけです。

 こうして注文して完成した川相ユニがクローゼットに並んで喜んでいる自分ですが、一方で、川相ユニを女性が着るには渋すぎるような気もしないではないですが…。特に嫁は荒木一筋(?)だし…。果たして…?
f0089657_23193940.jpg

[PR]
by Izanagi52 | 2005-08-13 23:19 | ユニフォーム関連

ドラゴンズ・ブルー

f0089657_2345067.jpg
 中日のユニフォームは、白生地のホームタイプには胸に青字で「C DRAGONS」のロゴが、青のビジターには白字で「CHUNICHI」のロゴが入っています。以前までは胸番号は赤色でしたが、落合監督の「赤字は縁起が悪い」という一声で青色(ビジターは白)になり、更には「末広がり」のラインが袖に入り(勿論幅は八センチ・笑)、白と青だけの簡素なデザインとなっています。

 昨年春にこの新タイプのユニフォームがお披露目された時、大半の中日ファンが「かっこわる!」「落合やっちゃった…」と嘆いたのをよく覚えています。選手の大西ですら「試合で勝って行けばかっこよく見えるようになる」とコメントしていたくらいです。

 他球団ファンからも「ダセェ」とボロクソに言われたこの新ユニフォームですが、大西の言葉通り、昨年の快進撃と共に見慣れていき、だんだんとかっこ良く見えるようになってきたのでした。

 ホームタイプは胸の「C DRAGONS」のロゴがかっこいいためファンに浸透するのも早かったのですが、ビジタータイプは「CHUNICHI」ロゴが「CHINTAI」の看板のロゴそっくりで、1年経ってもどうもかっこ悪く思えたのですが、慣れとは恐ろしいもので、さすがに2年目ともなるとこのビジタータイプも見慣れてきて、「かっこいい」とまでは行かなくても何とも思わない程度にはなりました。そして、昔から青いユニフォームが好きだった自分が、ビジタータイプのユニを買うまでそう時間もかからなかったのでした(6月の記事参照)。

 何気に気に入っているビジタータイプの光信ユニですが、同じ青ユニでも球場やプレイガイドなどで抽選や先着で配布しているプレゼント用ユニフォームというのがありまして、これが青生地に白字で「C DRAGONS」と入っている代物で、実にかっこいいんです。
f0089657_235787.jpg
【パトリシアさん所有の青版C DRAGONSユニ(↑)。かっこいいなぁ…】

 「これをビジターユニにすればいいのに…」と自分などは常々思っていたのですが、現行のユニフォームは落合監督や球団のお偉方が意見してデザインされたユニフォームらしいので、落合政権が続いている間は変わらないのでしょうね。

 青いユニが欲しいと思い出した頃、最初はこの青い「C DRAGONS」ユニを何とか入手して背番号等を入れようかとも思ったのですが、このタイプはサイズがフリーサイズ(表記はM-L)しかなく、知り合いに着させてもらったところ体の大きい自分にはサイズが合わなかったため、こちらは断念していビジタータイプのユニを作ったのでした。

 今は何気に気に入っているこのビジタータイプのユニですが、それでもやっぱり球場でC DRAGONSと入った青ユニを見る度に、自分の胸元を見て「“CHUNICHI”ってロゴ、かっこ悪いよなぁ…」と思ってしまうのです。
f0089657_2354116.jpg

[PR]
by Izanagi52 | 2005-07-19 23:04 | ユニフォーム関連

今でもお気に入りのTERUユニ


f0089657_2313439.jpg
 よく「何でそんなに何枚もユニ持ってるの?」みたいなことを訊かれるんですが、普段出かける時にクローゼットを開けて「何着よう?」と考えるように、今では球場に行く時にはそれら増えたユニを1着1着吟味しながら「今日は何着よう?」と考えるのが楽しくなりつつあります。

 球場にそんなに行かない人からしたら「そんなにユニフォームを何枚も持ってても…」と思われるようですが、自分のように月数回行くようになってくると、やっぱり同じユニばかりだと飽きてくるんですよね。だから、要するに、普段着と同じ感覚なんです。毎日同じ服ばかりじゃ飽きますよね。ドームでは自分達はユニが普段着ですから、毎回同じでは飽きるんです。

 これが年々ユニが増えていった理由の最たるものかもしれません。

 自分のユニは普通にショップで買える物はほとんどありません。オフィシャル品でも一般販売されていない選手のユニがほとんどなので全て特注品ですし、無地のユニをスポーツ用品店に持ち込んで背番号と名前を入れてもらったりしたものがほとんどです。なので、「他の人があまり着ていない選手のユニを着る」というのが楽しいというのもあります。別に奇をてらってそういう選手を選んでいるわけではなく、本当に好きな選手の物しか作っていないのですが。

 その他のケースで、ユニを着ていた選手が退団してしまったので、今在籍している選手のを新しく作った…という物もあります。退団した選手のユニでも今も着ている物はありますが、何となく今在籍している選手のユニを着たいトキもありますし。また、友人が作ったので自分も欲しくなって衝動買いしてしまったというケースもあります。こうした様々な要因により、年1、2着ずつユニが増えていくわけです。

 プロフに載せた写真が現在持っているユニの全てだと思いますが、この中で一番気に入っている物はというと、冒頭にも載せた、'01年に作った青いTERUユニです。

 それまで年1、2回だったドーム観戦の回数が増えてきた'00年、周りでユニフォームを着て応援している人達を見て、「自分もユニを着て応援したいな~」と思うようになり、グッズのカタログを見てみると、自分の好きな久慈さんや李鍾範のユニは市販されておらず、これらの選手のユニは特注で作るしかない事が解りました。しかし、その特注ユニは29,000円という超高価なプロモデルしかありません。躊躇しているうちにそのシーズンは終わってしまい、申し込みも締め切りとなってしまいました(プロモデルは毎年10月末締め切り)。

 明けて'01年。久慈さんは登録名を「TERU」に変えており、自分も一念発起して念願の29,000円のTERUユニを購入しました。ここに至る経緯は当時の日記に書いてありますのでそれを参照して頂くとして、初めて着るプロモデル(青ユニはカタログの“オリジナルグッズ”の中にありましたが、価格、注文方式もプロモデルと一緒だったのでまあ同じプロモデルとします)、背中の文字も背番号もレプリカより大きくて生地も立派でとにかくかっこ良くて一発で気に入り、その年はほとんどそのユニを着て観戦しました。

 何故ホームユニでなくトレーニング用の青ユニだったのかは、これも前にも書きましたが、月ドラに付いていたポスターや読者からの投稿写真でこの青ユニを着ている久慈さんを見て「かっこいい~!」と思って感化されたからです。翌年、この青ユニは廃止されてしまうのですが、ファンの間ではビジターのユニフォームにしたらどうか?と言われていたほど人気のあったユニだったのです。

 「登録名・TERU」はファンの間でも波紋を呼びましたが(笑)、一番最初に作ったプロモデルであり、このユニの「TERU」という文字のバランスやユニ自体のデザインも含めてこのユニは今でも一番気に入っているユニです。久慈さん退団後も'03年まではたまにこのユニを球場で着ていましたが、時間の流れと共に久慈さんのことは覚えていても「TERU」という登録名を忘れている中日ファンが多くなり、後ろから「TERUって誰?」「自分(私、Izanagi32のこと)の名前じゃない?」みたいなことを言われるのが嫌でそれ以後は球場でも着ていません。ちょっと悲しいです。

 下の写真は知り合いが自分のTERUユニを着ている後ろ姿ですが、この濃い青色にしっかりと映える「TERU」「6」の白い文字の並びが大好きでした。
f0089657_2314969.jpg
 また機会があれば球場で着たいなぁ~…。
[PR]
by Izanagi52 | 2005-07-08 23:03 | ユニフォーム関連
管理人紹介&Link

■Izanagi52■
所在…愛知県東三河
性別…♂
年齢…不詳
好きな野球選手…
 ・アレックス(中日)
 ・高橋光信(中日)
 ・春田剛…etc.
 ・久慈照嘉(ex.中日・阪神)
 ・李鍾範(ex.中日~起亜)

■ミニコミの紹介と販売■
DRAGONS NEVER DIE

■管理人別ブログ■
久慈記

■ドラゴンズ関連リンク■
中日ドラゴンズ公式サイト
GO!GO!オチョア☆
SOUTH POLE
ST Dragons studium
BALLPACKER
FOREVER DRAGONS
Dream×Dream

■好きな選手関連リンク■
野口投手登板試合記録所

■友人関連リンク■
BEAT EMOTION

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
最新のトラックバック
Valium.
from Valium.
Can ultram b..
from Can ultram be ..
Where to get..
from Where to get d..
Acepromazine..
from Acepromazine b..
How to get a..
from How to get a d..
Online pharm..
from Online pharmac..
Mexico farma..
from Mexico farmaci..
Dilaudid wit..
from Dilaudid witho..
Buying acepr..
from Buying aceprom..
How do you p..
from How do you pur..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧