DRAGONS NEVER DIE 〔TYPE:SSS〕


我らが中日ドラゴンズの誇るスーパーサブの選手を応援するブログです。
by Izanagi52
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:川相 昌弘( 6 )

虎と竜に、名内野守備コーチ誕生…?

f0089657_12454352.jpg

 昨日の川相の引退セレモニー、良かったですね~。

 自分はスポーツニュースや新聞でしかその様子を窺い知る事は出来ませんでしたが、スタメンでヒットに、世界記録更新となる送りバントに、ショートの守備(守備機会はなかったけど)に…と、まさに川相三昧だった昨日の試合でしたね。

 自分も熱望していましたが、本拠地最終戦ということで引退セレモニーはやったものの、川相自身はこの後の日本シリーズも選手として出るようで非常に嬉しいです。新たな歴史を刻むため、ドラゴンズ52年ぶりの日本一を川相のバントで導いてやって欲しいと思います。
f0089657_1246785.jpg

 さて、以前書いた“公約”を覚えておられるでしょうか。川相が正式に引退を表明したことで、『D.N.D.』終了までのマジック“2”が、“1”となってしまいました。しかし、今はそんなことを考える余裕はありません。日本シリーズのチケットが取れるかどうか……じゃなくて(笑)、ドラゴンズが日本一になれるかどうかの方が大切です。このブログの今後を気になされている方もいらっしゃるようですが、“その時”が来るまでこの話題はしばらくブログ上でも出さないようにしたいと思います。

 それと、別ブログの『久慈記』の方にも書いたのですが、久慈さんの現場復帰のニュースがチラホラと聞こえてくるようになりました。'02年オフの中日退団時、そして昨年の阪神退団時もこの時期は散々スポーツ紙の先走った報道に振り回されましたから、今回は努めて冷静を装っていますが、内心「早く正式に決定せんか~」とドキドキしています(笑)。

 久慈さんが引退してから、『久慈記』はネタもなくほとんど更新が滞っていたわけですが、それでも毎日20~30人程の来訪者があり、それがここへ来てまた再び全盛期に近いアクセス数に戻りつつあります。自分も含めて、久慈ファンも盛り上ってきているようです。優勝前後からアクセスが連日倍近くになっているこの『D.N.D.』共々、頑張って更新していかなきゃ、と肝に銘じた次第であります。

 しかし、川相、久慈という、共に名手と呼ばれた選手達が、来季もしかしたらそれぞれライバルチームの一軍内野守備コーチになるかも…というのは、何というか不思議なもんですね。

 あ、あと、フェニックスリーグで頑張っているルーキー・春田君は、昨日の試合で貴重なタイムリーを放った、と公式サイトの方に出ていました。一軍の優勝がズレ込み、消化試合になるはずの試合が日本シリーズに向けての主力の調整に回されてしまったため、今季中の春田君の一軍昇格はなくなりましたが、来季につなげるため、フェニックスリーグでガンガン打ちまくって、秋季キャンプでは落合監督のおめがねにかなうように頑張って下さい。
f0089657_12463613.jpg

 枯れる木があれば出てくる芽もある。

 まさに今のこの時期はそんな新旧入れ替わりの季節であり、寂しさと嬉しさが同居する、情緒不安定になる時期でもあります。そんな気持ちで迎える日本シリーズ。今年はちょっと、思い入れが強いシリーズになりそうです。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-16 12:57 | 川相 昌弘

川相、来季はコーチへ

 日本シリーズのチケット先行予約、全くダメでしたーーーーー!

 いやー、もう昨日仕事から帰ってからと今日の昼間、時間の許す限り電話かけまくりましたが、全然つながりませんでしたよ。2004年の時は自分1人だけでも12、3件の予約が出来た(当選はゼロでしたが…)んですが、今回は予約すら無理でした。「今年は厳しいぞ~」と常々言ってきましたが、予想通りの結果となってしまいました。残念。

 Sさんも全くつながらなかったそうなので、あとは数少ない一般販売分を狙うか、友人・知人の予約分が当たるのに賭けるしかありません。

 …どっちも厳しいかなぁ…。

 あ、チケットを取れなかったショックに打ちひしがれている場合ではないようなニュースが夜になって飛び込んできました。

 中日の川相が現役引退 大リーグ上回る通算犠打

 中日は14日、川相昌弘内野手(42)の今季限りでの現役引退を発表した。来季からは1軍の守備走塁コーチに就任する予定。15日にナゴヤドームで記者会見を行う。

 川相は1983年に岡山・岡山南高からドラフト4位で投手として巨人に入団。内野手に転向後、堅実な守備と巧みなバントで遊撃手の定位置をつかんだ。2003年8月には米大リーグ記録を抜く通算512犠打を達成した。

 03年に一度引退を表明したが、そのオフに撤回して中日にテスト入団。24シーズン目を迎えた今季は「メンタルアドバイザー」の肩書でコーチを兼任、7月20日に出場選手登録を外れた後も、1軍に同行していた。通算成績は1907試合に出場し、打率2割6分6厘、43本塁打、322打点、532犠打。
(了)

[ 共同通信社 2006年10月14日 19:35 ]


 やはり…というところです。分かっていたこととは言え、やはり悲しいです。ベンチに川相がいるだけで、そして川相が代打や守備固めに出てくるだけで、どれだけドラゴンズファンは盛り上がれたかしれません。明日本人による会見があるようですが、明日のドーム最終戦で、2004年の川崎の時みたいに引退セレモニーとかあるんでしょうか。観に行きたいけど、用事があるので行けませーん。

 しかし、もしやるとしたら、やはりスタメンで2番ショートで出て欲しいとこですが、やはりこの先の日本シリーズを花道にしてあげたいので、まだここで引退セレモニーはやらないで欲しい…とも思ってしまいます。

 ああ。それにしても柳沢に続いて川相までも…。まあ川相についてはある程度覚悟は出来ていましたし、ビールかけの時の川相の何かふっきれたような笑顔を見た時、「あー、本人ももう自分の立場を納得してるんだな、この先何があっても多分この人は全てを受け入れるんだろうな」と思ったので、寂しいことは寂しいですが、快く送り出してあげたい、というのが本音です。

 新庄新庄で盛り上がっているプロ野球界、そしてマスコミですが、ドラゴンズにとっても、今年は負けられないシリーズになりそうです。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-14 23:46 | 川相 昌弘

ベテラン・川相、二軍降格…

 …その当日は残業で帰りが遅かったので記事を書けなかったのですが……「スーパーサブを応援するブログ」を唄っている以上は、やはり20日の公示で明らかになった川相昌弘内野手の一軍登録抹消について触れておかなければならないでしょう。

 2004年のドラゴンズ入団以来、川相はピンチバント、代打、そして守備固めにと活躍し、井端もその年の優勝の要因に「川相さんが来てくれたのが一番大きかった」と話していた通り、ベンチでも他の選手達の精神的支柱としてなくてはならない存在でした。

 移籍3年目。川相自身、42歳となった今季は、「メンタルアドバイザー」という肩書きが付き、「引退への布石では?」と思われたものの、シーズンが始まってみれば、今まで通りサードの守備固めをメインに、過去2年より遥かにハイペースで出場試合数を増やしていきました。

 選手を見切ったら容赦なく切り捨てる落合監督ですから、開幕前は「今年あたり川相もやばいんじゃないか?」という杞憂はあったものの、相変わらずこうして試合に使われていたので「今年もスーパーサブの川相は健在だ」と思っていました。

 しかし、荒木の離脱、それに伴う奈良原の獲得で事態は一変。故障で出遅れていた森野が一軍に合流してセカンドスタメンに定着すると、奈良原が守備固めでセカンドに入り森野がサードに入るという新シフトが出来上がり、更にその控えに鎌田もいるという状態では、守るポジションのなくなった川相は僅差の試合展開でも出番がさっぱりなくなってしまいました。

 荒木が復帰した今は、森野がサードのレギュラーとなり、立浪でさえ出番がなくなるという状態。トドメに荒木のセカンド復帰後は奈良原がサードの守備固めにまわることもあり、これでもう、よっぽど総力戦になるかピンチバントを必要とするような状態にでもならない限り、川相の出番はなくなってしまいました。

 そもそも、川相と似た守備職人タイプである奈良原の加入が決まった時点で、こうなることはある程度予測出来ました。今季はセカンドでの出場もありましたが基本的に守るポジションがサードだけしかない川相と違い、ショートとセカンドも人並み以上に守れて、多少衰えたとは言え足も速い奈良原の方が、監督としては使い勝手が良いのは当たり前です。自分などが見ていてもあまり実感することはありませんが、守備力の年齢的な衰えもあると落合監督の目には映ったのかもしれません。

 そうなってくると川相は肩書き通りベンチ内の相談役、盛り上げ役ということしか役割がなくなってしまうわけですが、実はこれこそ大ベテランで選手達にも人望もある川相にしか出来ない大切な仕事なんですが、これから始まる後半戦を睨み、いきなりの阪神との直接対決もあることなどから、落合監督としては純然たる「戦力」として使い道が少ない選手をベンチに置いておくことはチーム編成上無理だと判断したのかもしれません。

 川相自身のコメントです。

「20日付けで僕の出場選手登録が抹消された。数日前に首脳陣から言われていた事だし、チームの編成上の問題だから、僕から言うべき事は何もない。少なくとも10日間は一軍でプレーすることは出来なくなったのだから、選手としては凄く寂しいことだし、残念なことでもある。

 自分にできることは、来るべき日に備えて準備を怠りなくする事と、メンタルアドバイザーとしてチームに同行し、その面から貢献出来る事を探す事になるだろう。

中略

 必ず僕の力がまた必要になる時が来ると信じている。心も体も常に臨戦大勢にしておくことだけは忘れないでおこう」

 …二軍落ちという厳しい現実を突き付けられて、平静を装いながらもショックを隠し切れない川相の心情が見え隠れしているような感じを受けたのは自分だけでしょうか?

 しかし、二軍で調整ではなく、一軍帯同でメンタルアドバイザーとして仕事をする、というのは、モロにもう第二の人生への伏線を首脳陣に敷かれたってことにも思えます。

 概ね引退する(させられる)選手というのは、開幕からずっと二軍暮しorシーズン途中に二軍落ちして二軍暮しを続けた後、シーズン終盤に一軍に昇格し、最後の花道を飾る…というパターンが多いです。川相もそのパターンになりそうな気がしないでもないです。

 今後、荒木、鎌田、奈良原、森野あたりが立て続けに故障したりする事態にでもなれば(別にそうなることを望んでいるわけではありません)、内野手として川相の力が必要になる事もあるかもしれませんが…。

 個人的には、川相のような選手はベンチにいて欲しいですし、代打や守備固めで出て来た時にあれだけファンから歓声が起きる選手は英智か川相くらいなので、人気面も考えると是非試合で使って欲しいと思っているのですが…。

 果たして、落合監督の今後の川相の起用方法はどうなっていくんでしょうか。心配しながら注意深く見守っていきたいと思います。

 にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-07-24 01:43 | 川相 昌弘

川相 ドラゴンズで初スタメン/平田一軍!!

f0089657_2345256.jpg

 移籍3年目にしてついに実現しました、川相さんスタメン! いやはや、嬉しかったですよー。所謂スーパーサブの中で、光ちゃん、英智、渡邉、小田らはみんなスタメン起用もあるのに、今まで川相さんだけは移籍後一度もスタメン出場がなかったわけですから…。交流戦でならスタメン起用もあるかなー…とは前にも書きましたが、それは立浪の守備の悪さから出た発想(立浪をDH、川相をサードスタメン)でして、実際には荒木欠場の影響で実現したスタメンでした。しかし、中日に来てから川相さんセカンド守った事ってありましたっけ? 移籍1年目に1回くらいあったかな…? いや、やっぱりなかったような。でも、嬉しいですね、川相さんのスタメン。

 しかし、実際に「スタメン川相」というのを目の当たりにしても、何だか実感がないというか(笑)。でも、2番でスタメンというのが余計嬉しいですね。川相さんは勿論、今でも一番好きな久慈さん(元阪神~中日)もそうですが、守備が上手くて小技の得意な選手というのが自分の中では理想の2番打者像なんです。だから自分が井端を「12球団一の最強2番打者」と呼ぶ(いつだったか呼んだはず・笑)のはそれが所以なんですが。

 それはそれとして、昨日の1番井上に続き、川相さんスタメンという大胆起用も、西武の前に追撃及ばず敗戦。起爆剤として期待された川相さん、藤井もいいとこなしでチームはこれで5連敗。交流戦、今年も昨年の再現になってしまうのかドラゴンズ~!

 追加。

 某掲示板で早くも話題になっている今日の試合後の落合監督のコメント。

▽中日・落合監督 こういうゲームを完敗と言う。手の打ちようがない。カンフル剤として(大阪桐蔭高出身で新人の)平田を(1軍に)上げようと思っている。楽しみにしているんだ。【毎日新聞】

 ま、まじっすか~! 先日の蒲郡の試合で初ホームラン、その後もファームで2試合連続マルチ安打と絶好調とはいえ、怪我は大丈夫なんでしょうか……。でも見たいぞ、平田君!

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-05-24 23:10 | 川相 昌弘

川相、来季も竜で現役!

川相、来季も竜で現役…
 バントに守備に欠かせぬ存在

 フリーエージェント(FA)資格を獲得している現役最年長野手の中日・川相昌弘内野手(40)が、24年目となる来季も中日で現役を続けることが、16日までに決定的となった。球団側は川相のグラウンド内外での貢献度を高く評価。川相本人も現役への強い意欲を持っており、来季も落合竜の一員として職人芸のプレーで勝利に貢献する。

 球界では1歳年上の巨人・工藤に次ぐキャリアの持ち主が、来季もグラウンドに立つ。中日の井手峻・編成担当は川相について「現場とあらためて検討するまでもなく、戦力として考えている。もちろん契約があり、合意することが前提ですが」と語った。今季は年俸5000万円の単年契約を結んでいるが、球団側は来季も契約する意向を固めている。川相も「来年も現役で続けたいという気持ちは持っている」と現役続行の意欲を示した。考えは一致しており、引き続き竜のユニホームに袖を通すことに大きな支障はない。

 今季の川相は、主に三塁・立浪の守備固めやバント要員として63試合(16日現在)に出場。堅実なグラブさばきやここ一番での判断力は衰え知らずだ。さらに、グラウンド外では、コーチとは違った視点で『選手同士』の視点から送るアドバイスは後輩選手に好評だった。チームが大不振に陥った5月の交流戦では、楽天にナゴヤドームで3連敗を喫した試合後に控え選手をロッカールームに集めて決起を促すなど厳しい一面も発揮した。機を見て敏な行動は経験がなせるもの。落合竜には欠かせない存在になっている。

 古巣の巨人では原政権誕生が見込まれ、周囲ではコーチとしての巨人復帰が取りざたされているが、シーズン中の川相は現役続行への強い意欲以外は多くを語ろうとしない。井手編成担当は「(コーチ兼任などの)肩書もつけたりせず、今までと同じように荒木らにアドバイスしてくれれば。形にならない貢献度もありますから」と話し、これまで同様選手一本での契約となる。正式な契約はオフに入ってからになるが、通算525本の犠打世界記録を保持する「世界の川相」は、06年も落合竜の一員として戦う。〔9月17日付 中日スポーツ〕

 今季の優勝が絶望的となり、暗い話題ばかりのドラゴンズですが、久しぶりに明るい話題が出て来ました。

 川相については、勝ちパターンの試合や接戦の時は今季も一貫して守備固め、バントで起用され続けてきたので、落合監督の中では十分戦力として考えているんだな…とは思っていましたが、来季42歳という年齢を考えると今季で引退となる可能性もないとは言えませんし、原氏が来季巨人の監督になる能性が濃厚になってきたことから、「もしかしたら原監督の下に行くのでは…?」という不安もあったので、少なくとも中日の現場とフロントが今の時点で「来季もウチでやって欲しい」という意思を持っているのが分かって安心しました(これが他紙だと記事の全てを鵜呑みに出来ませんが、大本営発表なので多分大丈夫でしょう)。

 代打や守備固めで川相が出てくるとドームの観客も物凄く盛り上りますし、試合以外でのグラウンド内外での貢献度も高く、まさに色々な意味で頼れるベテラン選手です。著書『明日への送りバント』によれば、巨人時代はスタメンへのこだわりもあったようですが、今は荒木、井端ら若手内野手のちょっと足りないところをサポート出来たら、と自身のスーパーサブとしての役割に自身と誇りを持っているようですし、来季もスーパーサ部長として昨年・今年と同様の活躍を見せて欲しいものです。

 …いやぁ、しかし個人的にも川相さんが来季も現役続行ということになりそうでほんと良かったですよ。以前ここでも書きましたが、月ドラでもらった景品で嫁用に川相ユニを作ったんですが、嫁は今季はもう観戦には行ける体ではないので、もしこのまま引退ということにでもなったら一度もドームでこの川相ユニを着れないのか…とちょっと不安でしたから(笑)。

 勢揃いしてのスーパーサブス・ドームデビューも今季はお預けになりそうですが、来季はこのメンバーが全員一軍にいる時に全員で揃って観戦したいものです。
f0089657_4515634.jpg

[PR]
by Izanagi52 | 2005-09-17 04:51 | 川相 昌弘

川相昌弘、気迫のツーベース!

 今日は残業で夜9時半頃会社を出たのですが、車に乗ってラジオをつけると、中日×広島戦は、8対6と中日リードであと1人コールが起きていました。そしてマウンド上の岩瀬が最後の打者をサードへのファールフライに打ち取ってゲームセット。中日が見事な逆転勝利を収めた瞬間でした。

 しかし、ローテ通りの川上ではなくマルちゃんとは…。これはまた例の3試合を2勝1敗で勝ち越す孫子の兵法の起用でしょうか(前も黒田の時に野口ぶつけたし…)。それとも来週からの阪神戦に川上をぶつけるためにあえて今回川上を飛ばしたのか、はたまたほんとに川上に何らかのアクシデントがあったのか…? 落合監督のことですから正直なところは話してくれないと思いますが、こちらももう慣れたので知りたいとも思いません。ただ、このローテ変更が吉と出るか凶と出るか。それだけです。

 しかし今日は5回まで零封されていて「こりゃ何となく負けパターンだな~」と思っていたところをよく6回にひっくり返しました。黒田が突如の乱調とラジオでは言っていましたが、その隙を見逃さず一気呵成の攻撃で打ち崩したドラゴンズ打線に拍手を送りたいです。

 …しかし、谷繁のタイムリーで同点に追いつき、なおも一死一・三塁で代打で登場した高橋光信。これ以上ない見せ場で出してもらったのに打てなかったのは痛いです。こういう時に打てば今日のヒーローになれたのに~。もったいない…(結局続く荒木が勝ち越しタイムリーを放ち、お立ち台に)。

 劣勢の展開から相手のエースを打ち崩して逆転し、終盤リリーフ陣と守護神が打ち込まれてピンチを作りながらも最後は逃げ切って勝つ…という試合は、観ていて随所に盛り上がったり冷や汗をかいたりする場面があって展開としては一番面白い試合かもしれませんね。何より、こういう試合を競り勝った方というのは、残り2試合でも精神的に優位に立てると思うんです。負けた方は後に引き摺るような負け方ですからね。

 この試合で嬉しかった出来事を3つ挙げるとすれば、3位は勝ち越しタイムリーを含む3安打で打率をようやく2割8分台に乗せた荒木。やはりトップバッターが打率.270とか.260じゃサマになりませんからね。2位はチャンスに弱いと言われていたアレックスの貴重な犠飛。この後広島打線の反撃にあったことを思うとこの1点は大きかった。そしてIzanagi32的第1位は、守備固めで入っていた川相のツーベース(笑)。何しろ川相さんは今日で今季57試合目の出場ですが、今まで打席数はわずか18。そのうち送りバントが5つなので有効打席が13で、安打は3本。打率.230だったのが、今日のヒット1本で.286と高打率となり、守備とバントがウリのスーパーサ部長(笑)川相さんも、打率的には打ってる打者の仲間入りです。

 英智のように59試合で37打数3安打、打率.081と打つ方はさっぱりだけど守備は凄くて一軍になくてはならない存在という選手もかっこいいですが、内野手の川相、渡邉のような選手は、やはり守りだけでなくある程度打つ方でも貢献していかないと若手の突き上げもありますから目立ちませんからね。そういう意味で、「俺を忘れるな!」という感じのこの川相さんの一撃が今日一番嬉しい出来事でした。

 …しかし川相さん、去年は1シーズンでわずか6安打なのにそのうち2本が劇的なサヨナラヒット、今季も今日のヒットを入れてもわずか4本だけなのに、得点圏では8打数3安打で得点圏打率.357、打点6、犠打も3と、驚異的な数字を残しています。特に6打点というのが素晴らしい。得点圏打率は高橋光より高いし、これだけ勝負強い打者を守備固めだけで使うのは勿体ないような気すらしてきます。

 しかし、「もっと出たら活躍出来るのに…」とみんなに思われながら、サブで出てきてキチっと自分の仕事をする。これぞスーパーサブの本懐であり、観ている者の心をくすぐる活躍なので、これはこれで良いのです(笑)。川相の意外と勝負強い打撃に、今後も注目して密かに応援していきたいところです。

 …手前味噌ですが、川相の“スーパーサ部長”って響き、何か気に入ったなぁ(笑)。
f0089657_23264091.jpg

[PR]
by Izanagi52 | 2005-08-26 23:26 | 川相 昌弘
管理人紹介&Link

■Izanagi52■
所在…愛知県東三河
性別…♂
年齢…不詳
好きな野球選手…
 ・アレックス(中日)
 ・高橋光信(中日)
 ・春田剛…etc.
 ・久慈照嘉(ex.中日・阪神)
 ・李鍾範(ex.中日~起亜)

■ミニコミの紹介と販売■
DRAGONS NEVER DIE

■管理人別ブログ■
久慈記

■ドラゴンズ関連リンク■
中日ドラゴンズ公式サイト
GO!GO!オチョア☆
SOUTH POLE
ST Dragons studium
BALLPACKER
FOREVER DRAGONS
Dream×Dream

■好きな選手関連リンク■
野口投手登板試合記録所

■友人関連リンク■
BEAT EMOTION

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
最新のトラックバック
Valium.
from Valium.
Can ultram b..
from Can ultram be ..
Where to get..
from Where to get d..
Acepromazine..
from Acepromazine b..
How to get a..
from How to get a d..
Online pharm..
from Online pharmac..
Mexico farma..
from Mexico farmaci..
Dilaudid wit..
from Dilaudid witho..
Buying acepr..
from Buying aceprom..
How do you p..
from How do you pur..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧