DRAGONS NEVER DIE 〔TYPE:SSS〕


我らが中日ドラゴンズの誇るスーパーサブの選手を応援するブログです。
by Izanagi52
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:李鍾範( 3 )

WBC 韓国と日本準決勝進出!

 WBCですが、日本は二次リーグは1勝2敗ながらも、同じ1勝2敗のアメリカ、メキシコより失点率が低かったこともあり、韓国共々からくも準決勝進出を決めました。

 いや~、韓国戦に敗れた時はさすがに日本はもうダメだと思いましたが、李鍾範が決勝タイムリーを打って勝ったのでそれはそれで非常に嬉しく(笑)、「まあこれはこれで仕方ないか…。韓国にはアジア代表として是非準決勝でアメリカを破って欲しい」とまで思っていましたが、二次リーグ最後の最後に大どんでん返しでメキシコが意地を見せてアメリカを破ってくれました。

 日本が韓国戦に敗れた後、ネットでは日本代表を応援する人達による日本代表批判や韓国代表をうらむような意見が多数見られましたが、これは全く的外れな批判ですよ。日本と韓国はお互い自国の意地とプライドをかけて正々堂々戦ってああいう結果になったんですから。一次リーグの時同様、どちらが勝ってもおかしくない素晴らしい名勝負だったと思いますしね。あの日本×アメリカ戦だって、あの誤審さえなければ素晴らしい試合だったと思いますよ。やはり、一番いけないのはあの誤審なんです。自分はぶっちゃけ一に韓国、二に日本を応援していますが(でもその一・二の差は微々たるものです。単純に大好きだった李鍾範がいるから韓国を応援しているというだけですから)、あの誤審以来、「アメリカだけは絶対準決勝に行かせてはならない!」と強く思っていました。あんな茶番で勝ったチームがもし優勝するようなことがあったら、この歴史的な大会の意義が薄れてしまう…と思ったからです。

 アメリカはよく自分達を正義に例えますが、少なくとも野球の神だけは、この二次リーグでは正しい方に正義の審判を下したわけです。

 もっとも、アメリカ代表の選手達に何の罪はありません。彼らは一次リーグから自分達の力で戦い続けたのですから。いけないのはあの誤審なんです。彼らの努力も愛国心も、全て世界の野球ファンから白い目で見られるようになってしまったんですから、この件の一番の被害者は彼らアメリカ代表選手だったのかもしれません。

 そしてそれにしてもあの誤審の審判、このアメリカ×メキシコ戦でもまた誤審してましたね。ここまでくると、「そうまでしてアメリカ有利にしたいのか」と考えるか、「ほんとにダメな審判なんだな」と思えてしまいます。ロッテのボビー・バレンタイン監督いわく、あの審判は誤審で有名な人らしいですが、そんな人をこんな大会の審判に選ぶ機構にも問題ありです。

 ともあれ、これで準決勝に進む4強が出揃いました。準決勝で同一リーグのチーム同士が対戦するのは何だかおかしな気もしますが、日本×韓国戦、キューバ×ドミニカ戦、どれも目が離せないカードになりそうです。

 …しかし、日本×韓国戦後の、宣銅烈コーチ(韓国代表投手コーチ)のコメントは、もし事実だとしたらちょっとショックかも。

【WBC】 宣銅烈「日本には申し訳ないことになった」

■日本戦後、宣銅烈(ソン・ドンヨル)コーチの談話

 「日本に2度も勝つなんて信じられない。試合前にイチローに会い、日本のコーチングスタッフにも会った。日本の投手コーチから6点以内で負けても準決勝に進めるのだから“よろしく頼む”と言われていたのに申し訳ないことになった」

朝鮮日報


 日本代表のコーチ達も冗談で言ったとは思うんですけど、記事になって出ると妙に生々しく聞こえるんですよね~。宣さん元・中日だし、スタッフに知り合いとかいそうだし(中日時代一緒にプレーした武田もいるしね)。この記事が変な誤解を招かないといいんですけど。

 あと、この日本戦でも決勝タイムリーを放つなどWBCで大活躍中の、李鍾範(元・中日)の記事も出てました。
 
【WBC】大活躍した李鍾範の名言(?)
f0089657_1174675.jpg

■「米国の投手の球は速いというが、結局人間が投げるもの。ならば人間が打てるということだ」

■「試合中、“テ~ハンミングク”(大韓民国)という声援が聞こえる度に胸が高鳴った。日本戦は絶対に勝たなくてはならないと思った」

■「2塁打を打った瞬間、韓国に生まれて良かったと思った」

朝鮮日報


 …日本人で李鍾範ファンである自分にとっては複雑なコメントです。
[PR]
by Izanagi52 | 2006-03-17 00:00 | 李鍾範

祝・日韓WBC二次リーグへ 李鍾範頑張れ~!

先週末から風邪で伏せっており、更新ならびにコメントへのレスが遅れてしまいましたことを先ずお詫びいたします。今日も昼間ちょっと買い物に出た他は家で休んでおり、おかげさまでだいぶ良くなって来ました。

 さて、本日でアジアリーグが終わったWBCですが、大方の予想通り日本と韓国が二次リーグへの切符を手にしました。

 始まるまでは「WBCには興味がない」とか言ってた自分ですが、日本チームにイチローがいる姿を見て何だか感動して、王ジャパンへの期待と熱が高まって本気で応援しちゃいましたよ。二次リーグも王ジャパンに期待してます。

 さて、王ジャパンと同じくらい応援していたのが、かつて中日にいた李鍾範や宣銅烈(コーチ)のいる韓国なんですが、こちらは今日の日本戦でも劇的な勝利で3連勝で1位通過を決めました。

 自分は特に大好きなジョンボム(李鍾範)のプレーが観られることが嬉しかったのですが、初戦の台湾戦では5回に一死二塁からフェンス直撃のタイムリーツーベースを放つなど2安打、中国に大勝した2戦目でも2安打1犠打、そして今日の3戦目でも3番を打つイ・スンヨプの逆転ツーランのお膳立てとなるヒットを放つなど活躍しました。
f0089657_22235890.jpg

 すっかり大ベテランになったジョンボムですが、いやー、元気ですねー。日本ではあのにっくき川尻にやられた怪我以降低迷してしまったジョンボムですが、今日のあの石井弘の初球を「ガツン!」って打った感じのスイングなどはまさに調子の良かったあの頃のジョンボムの打撃です。ベースを駆ける背番号7の姿も、何だか懐かしかったなぁ~…。
f0089657_22241135.jpg

 アメリカでもう一度日本と戦うわけですが、韓国チームの主将として、チームを引っ張っていい試合を見せて下さい。
f0089657_22242437.jpg

[PR]
by Izanagi52 | 2006-03-05 22:23 | 李鍾範

夢は尽きず~李鍾範

 世界のイチローが、声がかれるほどWBCに入れ込んでいる。日本の野球小僧が彼ならば、さしずめ韓国は李鍾範だろう。代表チームを取材していると、ベンチでばったり再会した。

 「日本の左打者はみんな足が速いです。内野手はすぐに投げないと…。どっちが強い? それはわからない。勝負はわからないですよ」。打倒・日本に闘志をかき立てつつ、将来の夢も語ってくれた。

 「40歳までは現役でやりますよ。それからアメリカや日本で勉強したいです。名古屋は今も大好きな街です。中日や島野さん(2軍監督)がいる阪神でできればいいですね」

 35歳。今季から韓国球界の選手会長に就任した。なお、夢は尽きず。野球小僧に国境はないとあらためて感じたしだい-。(26日付中スポより/渋谷真)


 …久々に中スポに李鍾範(イ・ジョンボム)の記事が出ていました。

 今回開かれるWBC、自分はさほど興味はないのですが、ジョンボムが韓国代表に入っているので、また彼のプレーする姿が見られるという事には関心があり、韓国代表と日本代表の試合を今から非常に楽しみにしています。

 李鍾範。

 '98年に来日して中日のリードオフマンとしてその俊足とガッツ溢れるプレーで活躍した選手です。この年、ジョンボムをはじめ、久慈さん関さんと中日は機動力のあるミートの巧い打者を補強し、それまでの一発長打狙いの大雑把な野球から、ディフェンス、機動力重視の野球に方向転換しました。開幕オーダーの1番李、2番久慈というオーダーは自分にとって衝撃的で、「中日は変わった!」と大きく感じたのは言うまではありません。

 その方向転換がうまくいって、その年は前年の最下位から2位に躍進し、翌年には見事リーグ優勝を果たしました。ジョンボムは2年目以降は成績もパッとせず、星野監督の起用への不満から'01年シーズン途中に自ら退団してしまいますが、韓国球界復帰後も折りに触れ中日球団や名古屋への愛情と感謝の念を発していました。

 ジョンボムも今ではもう35歳と、すっかりベテランの域に達した選手になりましたが、今でもこうして一線で頑張っているのは嬉しい限りです。自分にとっては、今でも大好きな、忘れることの出来ない助っ人選手の一人です。WBCでの再会を楽しみにしています。
f0089657_1265861.jpg

[PR]
by Izanagi52 | 2006-02-27 12:06 | 李鍾範
管理人紹介&Link

■Izanagi52■
所在…愛知県東三河
性別…♂
年齢…不詳
好きな野球選手…
 ・アレックス(中日)
 ・高橋光信(中日)
 ・春田剛…etc.
 ・久慈照嘉(ex.中日・阪神)
 ・李鍾範(ex.中日~起亜)

■ミニコミの紹介と販売■
DRAGONS NEVER DIE

■管理人別ブログ■
久慈記

■ドラゴンズ関連リンク■
中日ドラゴンズ公式サイト
GO!GO!オチョア☆
SOUTH POLE
ST Dragons studium
BALLPACKER
FOREVER DRAGONS
Dream×Dream

■好きな選手関連リンク■
野口投手登板試合記録所

■友人関連リンク■
BEAT EMOTION

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
最新のトラックバック
Valium.
from Valium.
Can ultram b..
from Can ultram be ..
Where to get..
from Where to get d..
Acepromazine..
from Acepromazine b..
How to get a..
from How to get a d..
Online pharm..
from Online pharmac..
Mexico farma..
from Mexico farmaci..
Dilaudid wit..
from Dilaudid witho..
Buying acepr..
from Buying aceprom..
How do you p..
from How do you pur..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧