DRAGONS NEVER DIE 〔TYPE:SSS〕


我らが中日ドラゴンズの誇るスーパーサブの選手を応援するブログです。
by Izanagi52
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

忘年会

 遅くなりましたが、今月25日のクリスマスの日、野球観戦仲間のSさん宅で忘年会兼クリスマス会を行ないました。

 今までもSさん宅では様々なイベントが行なわれており、中日が優勝した昨年秋には「ドラゴンズ優勝祝賀会」、今季開幕前には「ドラゴンズ優勝祈願祭」、そして夏には「スーパーサブの集い」等が催されてきました。このブログでもその模様は報告しているので御覧になった方はご存じだとは思いますが、自分達の集まりは大人も子供も必ずユニフォームの着用が義務付けられており(笑)、参加者全員お気に入りのユニを着てバーベキューをしたり写真撮影をしたり野球談義をしたり…と毎回夜遅くまで盛り上がる宴となるのでした。

 そして今回、名目上は忘年会兼クリスマス会ということでしたが、影の名目は「阪神優勝祝賀会」(笑)。今までこの集まりの中で中日ファンと阪神ファンの二足わらじだったのは自分ら夫婦だけだったのですが、今秋、Sさんが金本ユニを買ったことにより状況は一変し、中日一筋のモンテコックリ夫妻とタテジマユニを持っていないSさんのご息女を除いて8人中5人がタテジマという、今までとはちょっと違った集まりとなったのでした。

 自分が今回持参したのは勿論タテジマの久慈ユニ。久慈さんが退団しようとも、来季以降も阪神戦を観戦する時は久慈ユニでと決めている自分ですが(あれ? 下さんユニ作るとか前書いたような…?)、今季は阪神戦を1試合しか観戦出来なかったので、今日は思う存分この久慈ユニを着て写真を撮りまくろうと心に決めていたのでした(笑)。

 我々の集まりでは集合写真以外はいつも男性陣だけでユニ姿の写真撮影を行なっているのですが、今年の開幕前に行った「中日優勝祈願祭」の時に百均で見つけた笠を使うようになって以降、何故か「ユニを着た変な写真」路線に変わりつつあり、今回もSさん宅に行く前にモンテコックリ君と百均で写真撮影に使えそうなアイテムを3000円分(笑)も購入してきたのですが、早速それらを30分くらいかけて試行錯誤しながら各自笠に取り付けたり体に付けたりして、衣裳完成(笑)。イメージとしてはクリスマスらしく華やかな感じにしてみたつもりですが……判断は御覧になった皆様にお任せします(笑)。
f0089657_5154948.jpg

f0089657_516765.jpg

f0089657_5162273.jpg

 狂乱の写真撮影会が一段落し、陽も暮れてきたのでディナーにすることに。ここでは男性陣の衣裳もユニだけになり(笑)、普通にみんなで記念撮影。そしてディナーをしながら皆で談笑。その後はフリータイムになり、ふと、以前このブログで載せた中日・小田の写真がモンテコックリ君に似ているという話になり、Sさんのパソコンの画面でその写真を見ながらモンテコックリ君がその表情を真似て写真を撮る(笑)。顔をテープで留めたりして無理矢理表情を作るものの、「惜しいんだけど…何かが違う」(Sさん談)と言われ表情を変えて何度も何度も撮り直し(笑)。結局30分くらい写真を撮ったところで「だいぶ小田に近づいた」(Sさん談)写真が撮れたのでそこで終了。似てるかなあ~?
f0089657_517061.jpg

 その後、また色々写真を撮ったりして、約9時間に及んだ狂乱の忘年会は終了。男性陣の写真撮影はそろそろネタが尽きてきた感もあり、「次はロケしかない」という話に…(笑)。こちらは来月に予定することになりましたが、果たしてどうなるんでしょう…?

 なにはともあれ、忘年会らしくもないし、阪神優勝に関する話題もなかったし(笑)、ただただ勝手気儘に騒いで写真を撮ったりした会でしたが、楽しい会でした。参加された皆さん、おつかれさまでした。集まりの度に場所を提供して下さるSさん、毎回遠方から来てくれるモンテコックリ君、そして大人たちの楽しみに付き合ってくれたSさんご息女のNちゃんとうちのチビ久慈、そして旦那達がアホな写真を撮っているのを、いつも暖かく(?)見守ってくれる奥様方には本当に感謝感謝の1日でした。
f0089657_5171726.jpg

[PR]
by Izanagi52 | 2005-12-30 05:14 | スーパーサブ

プロ野球・背番号雑感①

f0089657_5134911.jpg
 このブログをいつも御覧頂いている方ならご存じとは思いますが、自分や自分の野球観戦仲間達は、いつも観戦の際は好きな選手のユニフォームを着ています。

 みんながどういう理由でその選手のユニを着ているのかは各自それぞれ違うと思いますが、自分の場合は、①単純に好きな選手だから着ている(or着ていた)というユニ(例:久慈ユニ、李鍾範ユニ)もあれば、②背番号がかっこいいから着ている(or着ていた)というユニ(例:高橋光ユニ、正津ユニ)もあります。また、③名前のアルファベットの並びがかっこいいからという理由で買ったユニ(例:アレックスユニ、ギャラードユニ)もあるわけですが、②や③のような場合、最初はそういう理由で買ったものだとしても、着て応援していると自然とその選手が好きになってくるから不思議なものです。

 なので、①の場合は勿論、②や③の場合でも、持っているユニの選手は全員好きで応援している選手ということになります。なので、ユニを持っている選手は、どこかやっぱり自分の中で特別な存在だったりすることが多いわけです。

 で、②のパターンの場合、どういう背番号がかっこいいと思うのかというと、あくまで個人的な嗜好ですが、出来たら二ケタで、十の位より一の位の方が小さい数字の番号…つまり、21とか32などですね。そういう番号が好きなんです。

 その中でも特にかっこいいと思うのは、21、31、32、40、41、42、51、52、53、54。その他では4や0、47、57とかもかっこいいと思います(あくまで感覚的なものなので根拠はないです)。

 レギュラーナンバー(1~9)や主力投手に多い10番台や20番台の番号は、確かに背中にしょった時の見た目はかっこいいんですが、ロッテの黒木(54)やホークスの川崎(52)、阪神の赤星(53)、そして今季ヤクルトの守護神として活躍した石井(61)のように、上位指名でなくても努力と才能でチームの主力に成長し、今でも入団当初の大きい番号をつけている選手というのが凄くかっこいいなって思うんですよね。中でも51をメジャーにしたイチローなんてその筆頭です。なので、テレビなどで野球中継を観ていても、そういう大きい背番号の選手がいると自然とそちらに目がいってしまいます。

 続く。
[PR]
by Izanagi52 | 2005-12-24 05:13 | ユニフォーム関連

中日、腐りかかっていた小田獲得(応援)!

f0089657_5115675.jpg
 中日は、巨人にFA移籍した野口茂樹の人的補償として、巨人の三番手捕手・小田幸平を獲得したのはご承知の通り。

 中日は正捕手・谷繁がFA残留して3年契約を結んだものの、谷繁自身が来季36歳になるということを考えると、そろそろ次の正捕手を育てていかなければならないというのはファンなら誰もが思っているはず。

 チームには実績十分の柳沢がいるとはいえ、彼も来季35歳。控え捕手としては頼もしい存在ですが谷繁の後継者というのとはちょっと違うかもしれません。小山、前田ら若手の成長にはまだもう少し時間がかかりそうですし、ロッテで正捕手だった清水将も故障明けで正直今の段階では何ともいえないところです。

 そんな状態だからこそ、中日も中堅の小田を獲得したのかもしれませんが、小田というとどうも清原や元木にいじめられてるイメージしかなかったんですよね…。ちょっと前の週べにも今年までの巨人の内情が書かれてましたよね。「練習でランニングをしていると、まず清原がダラダラ遅れ始め、それに付き合って元木やローズも遅れ始める。しまいには小田まで清原にくっついて…」って。堀内監督はこういう和を乱す選手達のいる中でプレッシャーに押しつぶされそうになって必死にチームを指揮していたんですから、ほんと同情しますよ。

 今まで清原ら選手達の言いなりになっていた球団も、今オフ、清原、元木、ローズ、後藤ら“一派”を総じてクビしましたが、これも堀内監督が彼ら一部特定の無法選手達の言いなりにならず、ファンからの痛烈な批難の中で必死に「あいつらは使わない」と抵抗したからですよ。それでようやく球団側も目が覚めたのか、「このままじゃいかん」となって今オフの大粛清となったわけです。

 結果的に今季の惨敗の責任を取らされる形で堀内監督もクビになってしまいましたが、堀内監督は自身の監督生命と引き換えにそういう巨人の腐った部分を世にさらし、球団、ファンに問題提起したわけです。そしてその腐った部分を全部払拭して原新監督に巨人軍を譲り渡したんですよ。今オフ、巨人が妙に清々しく見えるのは、原監督のさわやかなイメージのおかげだけじゃないですよ。堀内監督が巨人の腐った部分を全て払拭してくれたからです。

 そういう意味で、自分は堀内監督が監督として記した2年間の軌跡というのは、今後巨人にとって決して汚点ではなく素晴らしい転換期となっていくであろうと思っています。

 …話が逸れました。

 まあそれで、清原達と一緒に巨人で腐りかけていた小田なわけですが、中日獲得発表の最初の印象は、「清原、元木らがいなくなってやっと自由になったと思ったら自分も出されちゃって、かわいそうに…」というものでした。前にテレビで小田が清原と元木にいじめられているシーンを見てますから、「いい先輩と後輩に恵まれた」とか言っても本心なのかちょっと疑ってしまうんです(笑)。

 それは別として、昨年、今年と小田は故障の阿部に代わって村田善と共にスタメンマスクを被る機会が多かったわけですが、小田は肩は強いものの打つ方はイマイチで、だからかもしれませんがどうも情けないイメージだったんです。風貌もなんとなく……。でも、ドラゴンズの入団会見でのユニフォーム姿とその前向きな姿勢を見ていて、やっぱり好きなチームの選手の一員になったわけですから、素直に頑張って欲しいなと。応援したいなと。そう思うわけです。

中日落合監督、小田獲得は「大もうけ」 
  中日落合博満監督(52)が14日、原巨人の編成を口撃した。三重県内のリゾート施設で来春1月3日にテレビ愛知で放送される「落合VS坂東大放談オレ竜2006」の収録に参加。巨人にFA移籍した野口茂樹投手(31)の人的補償として小田幸平捕手(28)を獲得したことについて「大もうけと言っていいんじゃないのかな」と話した。

 「正直言って小田が(プロテクトから)外れていると思わなかったよ。よく外したなっていう感じだよ」。落合監督が評価しているのは小田の強肩。「ジャイアンツの中でウチの走り屋を刺せるのは小田だけでしょ」。さらに落合監督は「小田以外に欲しい選手はいなかったよ。もし小田が外れていなかったら? 人的補償は要求しなかったかもしれないな」と駄目を押した。

[2005/12/15/09:04 日刊スポーツ紙面から]


 と、落合監督は小田に対して非常に高い評価をしていますが、この人は結構調子のいいこと言ったり強がりを言う人なので、全部本心ではないと思います。少なくとも、「小田が外れていなかったら人的補償はしなかったかも」なんてことは絶対なかったと思いますよ、ええ。

 前向きな発言や記事が羅列された中日の入団会見でしたが、巨人寄りのスポーツ報知では移籍が決まった当日の模様として、正反対のことが書かれていました。

えっオレ?小田、中日へ/FA野口人的補償
 中日に移籍が決まった小田は、複雑な表情を見せた  巨人は13日、FAで獲得した野口茂樹投手(31)に代わる補償選手として、小田幸平捕手(28)が中日へ移籍することを発表した。この日、中日から小田を指名するとの通知文書が巨人に届いた。小田は東京・大手町の球団事務所で会見。驚きと無念さをにじませながら、新天地での活躍を誓った。

 球団事務所の会見場に姿を現した小田の表情は、ショックに打ちひしがれていた。「8年間お世話になったんで、悲しいのが一番ですね…。悲しいけど頑張ります」突然、チームを去ることになり、ショックを隠しきれなかった。

 想定外だった。15日から自主トレを行う豪州ケアンズ行きに備え、この日の午前中、荷物を取りにジャイアンツ球場を訪れた。「荷物整理に行ったら、違う荷物整理になってしまって…」球団事務所で正式に中日からの“指名”を聞かされ、了承した。

 97年にドラフト4位で巨人に入団以来、8年間G一筋。「02年の優勝パレードが一番の思い出。そして先輩と後輩に恵まれた。清原さん、元木さん…。後輩では慎之助。どこに行くのも一緒だったんで、寂しいですね」感傷的になりつつも、必死に涙をこらえた。

 「中日には谷繁さんという日本を代表する捕手がいる。少しでも盗んで、貢献できたらなと思う」と最後に目標を語った。(加藤 弘士)


 「荷物整理に行ったら、違う荷物整理になってしまって…」というくだりが、かわいそうだけどちょっと笑えてきます。

 おまけに、何もこんな表情の写真を載せるこたぁないでしょーが。
f0089657_5123254.jpg


 何はともあれ、まだ若い阿部のいる巨人にいるより正捕手になれる可能性が高いチームに来たわけですから、小田には谷繁を脅かす存在となって頑張ってもらいたいものです。頑張れ!
[PR]
by Izanagi52 | 2005-12-15 05:10 | スーパーサブ

中日新人選手入団/春田君の背番号は…

 昨日、ドラゴンズの新人選手の入団発表がありました。

 中でも一番注目していた春田剛君の背番号は……52番!! やった!! 

 いやあ…'00年にギャラードが52番を付けていた時から52番ってかっこいい番号だなって思っていたので、今までもここで散々書いてきましたが、春田君には是非52番をつけて欲しいな~と言ってきました。そして将来的にはホークスの川崎みたいに、レギュラーとして独り立ちしてからも52番をつけ続けてもらいたいなぁと。

 嬉しくて、カテゴリーで「春田剛」を作っちゃいましたよ(笑)。

 フフフ…。野手であることと、空き番、指名順などから見て、恐らく52、53、58のどれかだろうとは予測していたんですが、指名当初の希望通り52番になってとても嬉しいです。今からユニ作るためにお金貯めなきゃ(笑)。

 以下の写真と文章は中日公式サイトからの転載です(写真内矢印が春田君)。

■落合監督談:
「先ほど西川社長から10人の選手の契約が終わったということを聞きまして、一番期待しているのは私ではないかと思います。ただ、チーム構成上、今年高校生4人とっていますけれども、将来的なことを考えながら焦らずにじっくりと、次世代の中日ドラゴンズを背負って立ってくれるであろう選手を時間をかけながらじっくりと育てていきたいと思っています。

 こういう形で中日ドラゴンズに入った訳ですから、悔いのない野球人生を送ってもらいたいなというのが、監督としての一番の思いです。近い将来中日ドラゴンズを背負ってくれるこの10人に、私が一番期待をかけながら一人の社会人として立派に、なおかつゆくゆくにはドラゴンズの監督になれるようなそういう人材に育てていきたいと思います。

 今日ここの席にご列席いただいているご父兄、親族の方には安心して私に任せておいてもらいたいなと、12球団の中で一番厳しい球団に入った訳ですから、どこにいってもこの世界で通用するような選手に育てて、ゆくゆくは皆さんのところへまた返したいなと思っています。」
f0089657_5102487.jpg



■各選手コメント後の落合監督談:
「今年の戦力の移籍が16人ですが、中日ドラゴンズのユニホームを脱いだのは。必ずこの部分は補強しなきゃいけないということで、ピッチャーは毎年ある程度てこ入れしていかないといけないのだけれど、野手もまかなえるということで、将来的にバッターも必要だろうし、バランスよく取れたんじゃないのかなと思っています。

 去年までは高校生に目をむけていられるようなチーム状況ではなかった。ある程度、一軍でめどが立ってきているので、3年後5年後を見据えながら若い選手を育てていかなければいけないじゃないかと。毎年毎年チーム状況は変わってくるので、その状況に応じた補強をしていかなければいけないんじゃないかと思います。当然ドラフトがあれば、ピッチャーも必要になってくるだろうし、年をとっていないキャッチャー、内野手、外野手に目を向けて行かなきゃならないだろうと思う。けれども、みなさんが即戦力即戦力というけれども、ここでも即戦力に変わりがないわけで。ただ、そんなに無理して急いで一軍にあがってこなければいけないという状況じゃないだけに、じっくり、そういうメンバーを今年はスカウトにお願いしました。

 足が早くて肩の良いのだけは今年も同じです。春のキャンプを見ながら、どういう形で使っていくかは、これから見ながら考えていくと思います。ただ相当きつい練習になることだけは確かです。

 それにいま選手が言った「けがなく」、これが大前提だと思うし、けがしたら半年一年遅れていくので、まずけがのない体をつくってもらうっていうのをやってもらって、その中で一軍で使えるメンバーは何人というのは2月3月にじっくりと見ていきたいと思います。

 私は来年でなくてその先をもう考えていますから、先に今日いる10人がこのチームで主力としてやっていけるようなチーム状態を作っていくのが私の仕事だと思っています。あせらずじっくりと力を蓄えてやってもらえれば良いと思います。」 

 落合監督の言葉からは、今年あれだけ前途有望と言われていた若竜達を大量解雇した人とは思えないくらい、「じっくり育てたい」という気持ちが伝わってきて、ちょっと意外な感じがしました。やはり今季の不可解な大量解雇には何か内部的な事情があったのかな…と勘ぐってしまいます。

 「どこにいってもこの世界で通用するような選手に育てて、ゆくゆくは皆さんのところへまた返したいなと思っています」というコメントもいいですね。ドラゴンズはあと1~3年で選手の入れ替えを含めて大きな転換期を迎える時期になります。その時はこの新人達がチームを支えなければなりません。みんな頑張って下さい。期待してます。
[PR]
by Izanagi52 | 2005-12-11 05:09 | 春田 剛

高橋光信トークショー

 シーズンオフに入り、東海地方では毎週各地で中日の選手参加によるイベントが数多く催されています。

 中でも今日(12月10日)は、 東海地方の5箇所で述べ10人の選手が参加してイベントが開催されました。この中で一番注目すべきは中京競馬場でのイベント。何しろ参加メンバーが守護神岩瀬、リードオフマン&ゴールデングラブの荒木、そしてスーパーサブ筆頭の渡邊という3人組ということで、今オフの選手参加イベントの中でも一番贅沢な顔触れでした。

 もし中日ファンが今日どれか1つイベントに行こうと思ったら、多くの人がこのイベントを選ぶはず。しかし、高橋光信ファンである自分は、その3人のイベントより、同じ時間帯に金山駅で行なわれる光ちゃんのイベントに迷わず行くことにしたのでした(笑)。

 ドラゴンズ公式サイトではイベントは午後1時からということだったので、夜勤明けの眠い目をこすりながら昼前に豊橋駅から電車に乗り(チャンスがあればサインを入れてもらおうと思い、当然ユニ持参)、12時50分くらいに金山に到着しました。イベント開催場所は金山駅のコンコースということでしたが、改札を出て真っ正面の辺りにイベントスペースが出来ていたので場所はすぐ分かりました。しかし周辺にはほとんど人影がありません。スペースに近づいて進行表を見てみると、イベントは2時からと書いてあります。げっ、時間違うじゃん公式サイト!! しかも進行表には、11時からサイン色紙引換券配布とあります。そんなん知らんかった! 慌てて近くの係員に「サインの引換券ってまだもらえますか?」と聞くと、「あー、もう引換券はもう全部配っちゃってなくなっちゃったんですよ。でも、多分引換券もらった人達も全員は引き替えに来ないと思いますから、そうしたら残ったサイン色紙はジャンケン大会で勝った人に差し上げますから最後まで見ていって下さい」とのこと。ジャンケンに勝たないとサイン色紙もらえないのか…。落胆しながらも、「自分、ユニフォーム持ってきてるんで、色紙もらえなくてもそれにサインしてもらえればいいんですけど」と言うと、「サインはもうあらかじめ色紙に書いてあるのを配布するだけなんで、多分そういうことは出来ないと思います」との返事。マジっすか……。でもせっかく名古屋まで来てそう簡単にあきらめるわけにはいかないので、何としてでもジャンケンに勝って光ちゃんに近づくチャンスを得なければなりません。

 寒風吹き荒ぶ中、イベント開始まで1時間待つ間、ずっと頭の中では光ちゃんがジャンケンで何を出すかのシミュレーションが繰り返されていました(笑)。メールで「何出したら勝てるかねぇ?」と嫁に相談したりして、最終的に出した答えは「光ちゃんはパーを出す」というものでした(根拠なし)。果たして…?
f0089657_57126.jpg

 定刻20分くらい前から人がだんだんと集まり始め、そしてほぼ定刻通りに光ちゃん登場。自分は最前列だったのでかなり間近で光ちゃんを見たんですが、意外と背はそんなに高くないんだな~とか、両頬に出る笑窪はテレビや新聞で見た通りだな~と思いながら、カメラのシャッターを押し続けます。トークショーの方は和やかに進み、質問コーナーの質問にも笑顔で真摯に答えていて光ちゃん高感度アップ。それにこうしてよく見ると光ちゃん男前やなぁ。
f0089657_573818.jpg

 30分程のトークショーが終わり、その後は引換券を持っている人たちのサイン引き換えタイム。自分達券を持っていない人間はロープの外で指をくわえてその光景を見ているだけです。色紙を渡しながら1人1人と握手する光ちゃん。よく見ると何人かの人は持参のノートや色紙にサインをしてもらっています。トークショーの中の質問コーナーでファンから「どういうファンサービスが必要だと思いますか?」と質問された時、光ちゃんは「ファンとの間に壁を作らず接していきたい」というような事を言っていたので、その言葉を好意的に解釈して、あの場に入ればこりゃあユニにサインしてもらえるぞ…と密かにメラメラとジャンケンの炎を燃やし続けるIzanagi32がそこにいました(笑)。

 係員が言っていたように、色紙は用意してあった半分ほとが残ったため、いよいよ運命のジャンケンタイム。最初はグー、ジャンケンポイ……ってグー出しよった! 光ちゃんグー! 負けた(汗)!! 係員の「パーを出した人はこちらに並んで下さい」の声。最前列で途方に暮れる自分。勝者と敗者の明確な線引き。敗者にも人権下さい(涙)。

 少し冷静になって列を見ると、残ったサインの枚数より明らかに人数が少ない…。そこで、負けたけどしれっと列の最後尾に並ぶ(笑)。そして案の定サイン色紙が残っていたのでサインも貰え、握手してもらった後に「ユニフォームにサインしてもらえますか?」と聞くと笑顔で「いいですよ」とのご返答。もう大好きだ光ちゃん(笑)!!

  ユニにサインを入れてもらった後、「来年これ着てドームで応援するんで頑張って下さい」と言うとあの笑窪で「ありがとうございます」と答えてくれました。いい人やなあ、光ちゃん…。
f0089657_582124.jpg

 その後一日人権擁護委員となった光ちゃんは人権啓発グッズを配布。自分もそれを並んで受け取り、また握手してもらいました。この時はグッズを配布しながらサイン攻めになっていてさすがの光ちゃんも大変そうでしたが、その様子をしばらく眺めてから帰途につきました(帰宅後、もちろん啓発グッズのパンフ等は全部読みましたよ)。

 ありがとう光ちゃん! 今季は観に行った試合で光ちゃんのヒットが見れなかったんで、来季はいいとこ見せてね! 応援してます。
f0089657_584831.jpg

[PR]
by Izanagi52 | 2005-12-11 05:05 | 高橋 光信

ドラゴンズ背番号事情~柳沢の場合

 今回の記事は、12月6日の夜、仕事の休憩中に携帯のメールで書いておいたものです。本来であれば7日にアップする予定だったのですが、7日は久慈さんの去就に関するあのサンスポ報道が飛び込んで来たため、この記事は飛んでしまいました(笑)。時事的な内容ではないので、今回ここにアップします。

----------------------------------

 各球団とも主力級の契約更改が始まっていますが、中日では連覇を逃した事や今季の赤字が累計10億円にまで上ったという事もあってか厳冬更改が続いています。

 昨年、スーパーサブとして落合査定の恩恵を受けた英智も、「いつでも出れるように常にベンチにいるのがスーパーサブ。だから故障でベンチにいなかった分は引かせてもらった」と3400万円から容赦なく600万円の大幅ダウンとなり、同じく昨年スーパーサブに認定され年俸倍増となっていた柳沢などは、この契約更改でスーパーサブの称号と背番号の22を剥奪された上、4000万円から20%ダウンの3200万円という大変厳しい更改となりました。

 落合監督は監督就任時に選手達の背番号を大シャッフルしましたが、その中で「エースキャッチャーの背番号は22(田淵)か27(野村)」と言って谷繁にこのどちらかから好きな方を選ぶよう指示し、谷繁が27を選ぶと、柳沢に残った22を与えました。この時の話として、当時背番号00を付けていた柳沢は、大学の後輩である前田新悟(背番号25)と背番号を交換したいと2人で落合監督に申し出た時に監督から「じゃあ22をやるよ」と言われ、「えっ、いいんですか!?」と驚いたと後日述懐しています(ちなみに前田新はそのまま柳沢の00を受け継ぎ(押しつけられ?)00に変更となり、前田の25はルーキーの中村公へと渡りました)。

 ともあれ、これにより星野~山田監督時代は大勢いる控え捕手の中の1人という扱いだった柳沢が、落合監督の中では谷繁に続くチーム二番手捕手の位置付けであると認められたわけです。その期待に応えてか、柳沢は昨年は常時一軍に在籍し、谷繁が試合に出れない時にはスタメン出場してその穴を埋めました。打つ方でも自己最高の成績を残し、まさにチームになくてはならないスーパーサブの一人として活躍したわけですが、今季は出場機会の減少や試合でマルティネスへの指示を徹底出来なかった懲罰として二軍落ち(柳沢の指示に従わなかったマルティネスはお咎めナシ…何で?)させられるなど、あまりいいところがありませんでした。

 そしてシーズン終盤に再び二軍に降格させられると、チームは前田や小山ら若い捕手を一軍に上げて積極的に起用しました(8月のファームの試合で柳沢ユニのSさんと“哀愁のスーパーサブ”というテーマで写真を撮ったのはちょうどその頃)。そして今オフの契約更改。中日では契約更改第1号が柳沢だったのですが、当初4000万円からダウン幅MAXの25%減の3000万円を提示されたという柳沢は、顔は青ざめ、会見場での報道陣の問い掛けにも「はい」と答えるのがやっとの状態だったとか。球団側の言い分としては「去年と違って今季はスーパーサブではなかったから、昨年スーパーサブとして上がった分を下げさせてもらった」とのことでした。その後、再度の交渉で20%減の3200万円で柳沢も渋々サインしたみたいですが、中スポにも「来季はシーパーサブの特権も剥奪され、他の捕手達と横一線の控え捕手争いが待っている」みたいな記事が出ていました。

 個人的な意見としては、勝負の世界なので結果が出てなければ年俸を下げられるのは仕方ないと思いますが、背番号まで頻繁に取り替えるのはどうかと思います。ましてや監督が自分の判断で22番を与えておきながら2年で剥奪というのは意味が分かりません(森野然り)。

 背番号を取られたらその選手はどう思うでしょうか。前にも書きましたが、監督の気分や嗜好でこうして選手の背番号をコロコロ変えるのには反対です。この件に関しては前にも書いたのであまりくどくど書きませんが、背番号が選手を育てるという部分も少なからずあると思うんですよ。それが監督の気分でコロコロ変えられたらモチベーションが上がるわけがありません。現に落合監督になって番号を剥奪された選手はみんな低迷したりクビにされています。それを、出てこれないような選手だから剥奪されたんだ、と見る向きもあるでしょうが、背番号を剥奪された時点でもう見切られてしまったような扱いをされている選手が多いことを考えると、19を剥奪され61になった久本(61は左同士という事でヤクルトの石井にちなんだという説もありますが、ただ19を180度ひっくり返しただけという説も…笑)、2年前、エースナンバーを与えられながらも中里に獲られてしまった朝倉、4番候補として期待されながら25番をルーキー新井に持っていかれた中村公、そしてまた昔の00に戻った柳沢には、来季、また前の背番号を取り戻せるような活躍を期待したいところです。

 みんな頑張れ!
[PR]
by Izanagi52 | 2005-12-10 05:04 | 柳沢 裕一
管理人紹介&Link

■Izanagi52■
所在…愛知県東三河
性別…♂
年齢…不詳
好きな野球選手…
 ・アレックス(中日)
 ・高橋光信(中日)
 ・春田剛…etc.
 ・久慈照嘉(ex.中日・阪神)
 ・李鍾範(ex.中日~起亜)

■ミニコミの紹介と販売■
DRAGONS NEVER DIE

■管理人別ブログ■
久慈記

■ドラゴンズ関連リンク■
中日ドラゴンズ公式サイト
GO!GO!オチョア☆
SOUTH POLE
ST Dragons studium
BALLPACKER
FOREVER DRAGONS
Dream×Dream

■好きな選手関連リンク■
野口投手登板試合記録所

■友人関連リンク■
BEAT EMOTION

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
最新のトラックバック
Valium.
from Valium.
Can ultram b..
from Can ultram be ..
Where to get..
from Where to get d..
Acepromazine..
from Acepromazine b..
How to get a..
from How to get a d..
Online pharm..
from Online pharmac..
Mexico farma..
from Mexico farmaci..
Dilaudid wit..
from Dilaudid witho..
Buying acepr..
from Buying aceprom..
How do you p..
from How do you pur..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧