DRAGONS NEVER DIE 〔TYPE:SSS〕


我らが中日ドラゴンズの誇るスーパーサブの選手を応援するブログです。
by Izanagi52
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ドームで見つけたマニアックユニ達

 さて、このブログの残り時間も少なくなってきたので、連投ですが、以前告知した10月21日の日本シリーズの観戦番外編その②「この日ドームで見つけたマニアックユニ達」をお届けします。

 と言っても、これを書いたのはまだ日本シリーズ真っ最中の時ですが(笑)。

「この日ドームで見つけたマニアックユニ達」

 まずはドームに到着してショップの行列に並んでいる時に自分達の前に並んでいたお兄さんの後ろ姿。無断で撮影しました。すみません(汗)。でも、撮らずにはおられなかったんです。何しろ、ドームで初めて見つけた櫻井ユニの人だったんですからっ!
f0089657_1824413.jpg

 自分が櫻井を応援しているのは以前も何度か書きましたが、櫻井は2003年の入団1年目は、球団首脳の「カブレラにあやかって」という思惑で背番号42をもらったものの、翌年監督が落合監督に代わってすぐに42を剥奪され、64番に変更されました。その意図は分かりませんが、42番は新加入したドミンゴが着けることになり、4番はオチョアに、翌年は44はタイロン、49はマルちゃんが着けたことから、背番号にこだわる落合監督のことですから、きっと「4、42、44、49という日本人にとって縁起の悪い番号は外国人選手が着けるもの」という考えがあったのでは、と思っています。

 ま、そんなことは今は関係ないんですが、そんな感じで以前から櫻井が好きだった自分は、当然今まで何度か櫻井ユニを作ろうと思ったこともあるわけです。しかし、64番はどーもかっこ悪い…と思って今まで作らなかったんですね。そんな時いつも、「42番を着けていた2003年に作っておけば良かった…」と後悔していたので、この42番ユニ(しかもこの年限りだったビジターのプロモデル)を着たお兄さんを見つけた時は、「かっこええー!!」と感激してしまったのでした。そして思わずカメラで撮ってしまいました(笑)。すみませーん。

 あと、その他の「ドームで見かけたレアユニ達」です。いずれも現行タイプのユニです。

①川崎憲次郎のサイン入りプロモデル(ビジター)
②幕田(昨年オフに戦力外)のレプリカ(ホーム)
③上田のレプリカ(ホーム)
④小田のレプリカ(ホーム)
⑤平井のレプリカ(ホーム)
⑥小山(良男)のレプリカ(ビジター)
⑦奈良原のレプリカ(ホーム/ビジター)

 などなど。その他にも見たけど忘れているものもあるかもしれません。

 ①は先述の櫻井ユニ同様、見た瞬間「かっこいい!」と唸ってしまった一品(いっぴん)。「見た瞬間」というのは、やはりプロモデルの放つ雰囲気といいますか、ビジターユニの生地のツヤやメッシュのキメ細やかさ、文字の刺繍の美しささ、背文字や背番号のバランス……それらが一体となって視界に飛び込んできた時に、「おおっ、プロモデル…」となってしまうのです(笑)。そしてまた、川崎というのがいい選択です。

 川崎は2004年に引退したので、現行タイプのプロモデルということはその2004年に作ったということになります。いいねー。川崎の引退セレモニーを一緒に観たSさんが感動して「川崎のユニを作る!」と言っていたことがありましたが、FA移籍後、結局一軍未勝利に終わった川崎の意地の魂を、この日だけは我々は目の当たりにしたのでした。この彼も、川崎のこの最後の燃え尽きる姿を観て感動してプロモデルを注文したのでしょうか。

 「引退するから記念にプロモデルを作る」という人は結構いるみたいで、星野監督が勇退すると決まった時は星野監督のプロモデルの注文がかなりあったみたいですし、自分の職場にも今中の引退が決まった時に今中プロモデルを頼んだ人がいます。今季だと、立浪のプロモデルあたりも注文が多かったのではないでしょうか。

 かく言う自分もかつて久慈さんが中日を退団するのが決まりそうになった時にはプロモデルを作りましたし、今季はアレックスが退団しそうということで、こちらもプロモデルを作るつもりでいます。球場では、既に引退・退団した選手のユニを着ている人は今も多いですが、やはりプロモデルはその年に在籍している選手しかオーダー出来ないため、着る/着ないは別として、本当に好きな選手だったら後で後悔しないように作っておこう…と思う人が多いのでしょうか。

 ②と③は、去年と今年の背番号35のユニです。③はまあいても不思議ではないですが、②は初めて見ました。幕田…。2004年、2005年と、守備固めで少し使われた選手でした。渋すぎる…。しかもそのユニを退団した今も着ているというのがかっこいいです。

 ④は……見つけた時、思わず笑ってしまいました(笑)。いや、嬉しかったんですけどね。スーパーサブの小田ユニを着ている人がいたことは。でも、ユニを着ていたのがスラっとしたかっこいいお兄さんだったので、それだけに余計小田ユニとのミスマッチが面白くて…。Sさんと、「あの人なんで小田ユニにしたんだろうねー。もしかして苗字が小田なのかも」と話していましたが、一般的に、「なんでこの選手のユニにしたの?」と思われるような選手のユニを着ていると、「あ、きっとこの人自分と同じ苗字だから着てるんだ」と言ったり言われたりすることもたまにあります(小田とかなら普通にいそうですし)。するとSさんが「(渡邉ユニの)自分も周りから「あの人苗字“渡邉”なんじゃない?」って思われてるかもしれません」と言っていました。じゃあ自分は“春田”だと思われるんですかね…(笑)?

 ⑤の平井も初めて見ました。山田監督時代より竜投に欠かせない存在の平井ですが、ユニを着ている人は見た事がなかったんですよねー。ちょっとキャラが地味だからでしょうか。

 ⑥の小山も初めて見ました。我々の観戦仲間のボブさんが熱心な社会人野球ファンなんですけど、この小山は社会人時代から注目していたらしくて、以前ドームに行った時に「誰かのユニを買おうと思うんだけど、小山ユニって売ってないの?」と言っていたのを思い出します(売ってないよ…・笑)。

 ⑦の奈良原ユニですが、いるだろうなーとは思っていましたが、この日はホーム/ビジター共に見つけることが出来ました。自分は移籍選手や職人気質の選手を特に応援したくなる性質なので、今年オチョユニや春田ユニを作っていなければ、もしかしたら奈良原ユニを作っていたかもしれません。背番号は95番と選手らしからぬ番号ですが、引退したらそのままコーチ番で使えそうですし(笑)。

 こんなところですかねー。あと、アレックスのビジターのプロモデルを着ている女の人を見かけたんですが、これもかっこよかった…。やっぱり自分はビジターユニが好きなようです(笑)。

 来年は、ドームでどんなユニとの出会いが待っているのでしょうか。今から楽しみです。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-30 18:03 | ユニフォーム関連

オチョア帰国「ぼくは終わらない」/奈良原引退

 オチョア、昨日帰途に着いたようです。

 アレックス、感謝…謝罪…「ぼくは終わらない」
f0089657_17171147.jpg

 さようなら、アレックス-。中日のアレックス・オチョア外野手(34)が29日、関西国際空港発の航空機で米国へ帰国した。2年契約を終えた今季限りでの退団は決定的。在籍4年で2度のリーグ優勝に貢献した“優良助っ人”は、チームへの感謝と日本一を逃した謝罪を口にして名古屋を去った。

 「本当なら、きょうは(シリーズの)第7戦だね。2度もリーグ制覇したのに、日本一になれなかった。それが心残り」

 両親を連れ、名古屋駅を出発するアレックスは名残惜しそうだった。まだ契約交渉は済んでいないが、満了となる覚悟はできている。去り際に「一番の思い出は2度も優勝できたこと。それから仲間と一緒にゴールデングラブ賞を獲得できたこと。名古屋での生活も素晴らしかった」と感慨深そうに話した。

 飛び抜けた成績ではなかったが、毎年、攻守でチームを支えてきた。「野球キャリアはまだ終わらない。チャンスがあれば、また名古屋に来るし、ほかにオファーしてくれる球団があれば、そこで全力プレーするつもりだ」。今後は代理人を通じて、日米問わず移籍先を探す予定。新天地での飛躍を誓いながら、機上の人となった。 (安藤友美/中スポより)


 …この紙面に載っていたオチョアの写真、なんだかめっちゃ楽しそうなんですけど(笑)。いやいや、最後までオチョスマイルは健在だったということで、これはとーっても嬉しかったのですが。悲壮なカオをしてたら、送り出す我々の方もつらいですから。

 来年、もし中日以外の日本の球団でプレーすることになったりしたらちょっと悲しいけど、それはそれでオチョアにとって一番のオファーだったということで素直に受け入れて応援してあげたいです。でも、ドラゴンズ戦ではあまり打たないでね(笑)。

 しかし、この記事でも「退団は決定的」「契約交渉はまだ」ということでまだ正式なアナウンスはありませんでした。普通、球団側も外国人選手の場合はある程度割り切ってスパッと契約を切るものですが、思うに、今季のドラゴンズの補強の柱とされているハムの小笠原と韓国人外野手の李が両方獲れなかった場合の「保険」として、オチョア残留に含みを持たせているのかな…とか邪推してみたり…。分かりませんけど。

 さてさて、川相、英二に続いて、奈良原も引退だそうです…。

 記事によれば本人から申し出たようなので致し方なし、というところですが、スーパーサブ筆頭の川相の後継者として、守備固め、バント、代走要員として、あと3年は頑張ってもらいたかったのに残念です。

 しかし、奈良原の加入により出場機会が減り、結果的に引退となった川相に続いて奈良原まで引退となるとは、落合監督もちょっとアテが外れたのではないでしょうか…? 色々な意味で川相・奈良原といったような職人タイプの選手はベンチに1人いると大変重宝すると思うのですが、来季はこのスーパーサブ筆頭ポジションを誰が担うのでしょうか…。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-30 17:23 | 奈良原 浩

光信退団会見、そして長嶋コーチ激怒…

 川相引退、オチョアも退団…ということになりそうなので、7月28日の記事で公約した通り、当ブログ『DRAGONS NEVER DIE』は、近日中に終了することにいたします。

 詳細な日時といたしましては、オチョア退団の最終的な正式アナウンスがあり次第ということにしたいと思います。少なくとも現時点では、オチョア退団については「濃厚」とか「見込み」というものばかりで、決定的なアナウンスはないので…。

 さて、光信退団はネットなどでの反応を見ているとやはり概ね疑問視する声ばかりのようです。今朝の中スポの光信の記事です。

高橋光信、戦力外 「現役続けたい」

 中日は28日、名古屋市中区の球団事務所で高橋光信内野手(31)、川岸強投手(27)、桜井嘉実外野手(21)に戦力外通告を行った。勝負強い代打として貢献してきた高橋光は現役続行を希望。今後はトライアウトなどで移籍先を探すことになりそうだ。桜井も他球団でのプレーを希望。川岸は未定。

 勝負強い代打の切り札として、ファンに鮮烈な印象を残した高橋光が去る。「この球団には9年間お世話になり、今はすごく感謝しています」。球団フロントから戦力外通告を受けた後、笑顔で報道陣の前に姿を見せた。

 落合博満監督(52)就任時には4番打者候補にも挙げられた。定位置に座ることはなかったものの、04年からの3年間は落合野球に不可欠な代打の切り札として働いた。昨季の開幕2戦目、横浜・佐々木からの代打逆転2ランなど、印象深い一打を放ってきた。

 今季は右手を痛めて9月3日に出場選手登録を抹消され、ファームで右肩痛を発症。10月には打撃練習を再開したが、完全復調しないままシーズンを終えた。

 1軍では立浪が代打の切り札として活躍。右打者も新人・新井が起用され、高橋光は来季構想から漏れた。球団側も移籍先を探してトレードの打診をしてきたが、まとまらなかった。

 今後は未定。「自分では一生懸命、シーズン中もそうだし、シーズン以外のオフも球団のために行事に参加したり、ボクなりにやってきた。球団の方がどう言ってくれるか楽しみにしてきたが、これが世の中の現実かな、と…」。現実を受け止めた上で、「現役を続けようと思っている」と、移籍を決意した。

 12球団トライアウト受験などを視野に入れ、練習を再開する。「(体調は)もう大丈夫です。宮崎(フェニックス・リーグ)にも行っていたので」。持ち前の打力と、ここ一番での勝負強さで他球団の門をたたく。 (生駒泰大)


 続いてドラ番記者より。

 今にも涙が出そうな寂しげな表情を見るのがつらかった。戦力外通告を受けた高橋光の顔を見ながら、春のキャンプを思い出した。

 キャンプインと同時にドラ番になって、取材する選手全員が初対面。にもかかわらず、高橋光は気さくに話してくれた。いきなり陸上の長距離選手だった夫人の話をしてくれた。その後も原稿を書くたびに「読んだよ。あれでOK、OK」と感想も話してくれた。

 8月のドラ番記者で、気圧の関係で耳がおかしくなり航空機内で泣く子どもを思いやる話を書いた。後日「あめをなめればいいのにと、もう一言言えばよかったのにと奥さんに言われちゃった」と笑いながら話してくれた。まじめで優しいみっちゃんがこんな形で退団するなんて。どこの球団へ行っても応援するよ。

(山本諭)


 勝負強い打撃でチームを勝利に導いたこと以外にも、オフには積極的に施設の慰問や慈善活動に取り組んできた光信のことを考えると、この仕打ちはあまりのような気もしますが、球団に対する貢献など関係なしに、過去には野口、関川、大西、落合英二らを無情に放り出して来た落合監督だけに、そのシーズン、戦力として使えなかった選手は文字通り「戦力外」ということなのでしょう。それが今の落合ドラゴンズでは普通の事なのかもしれません。

 それは強いチームを作るためには一番合理的で賢いやり方かもしれませんが、特定の選手以外に対する情の一切ない落合監督のこういうやり方は大嫌いです。優勝インタビューの涙で「あ、この人案外いい人なのかな」とか思った人も多いかと思いますが、「涙もろい=いい人」というわけではないのであしからず。

 第一、日本シリーズで惨敗し、「進退伺いを出す」と言いながら来季のコーチ人事を水面下で進めているあたり、本音と建前をうまく使い分けてる人だな~というのを改めて思いました。以前から「選手は自分の子供のようなもの。かわいくてたまらない」とか言ってましたが、よく意味が解りません。

 光信らと共に来季の契約を結ばないと宣告された長嶋コーチが落合監督に激怒していましたが、落合ドラゴンズの内部にも徐々に歪みが出来てきているようで不安です。

 自分の周りには「ドラゴンズが強ければそれが一番」ということで落合監督を支持する人もいますが、自分はまず好きな選手ありきでドラゴンズを応援している部分もあるので、ファンから愛されている選手達を次々に切り捨てていく落合監督のやり方は嫌いです。移籍選手である川崎や川相は盛大に送り出してやったのに、生え抜きの落合英二はずっと二軍で蚊帳の外ですよ。ちょっとひどくないですか? これが少なくとも星野監督であれば、長年チームに貢献してきた選手達(英二や野口ら)を、力の衰えてきたところで「もういらない」と放り出したりはせず、ボロボロになるまでドラゴンズのユニフォームでプレーさせて、本人が「もう俺、限界だな」と思ったところで引退、という花道を作ってあげたんじゃないかなーと思うんですがどうでしょう。

 阪神が光信の獲得に動くという話が早くも出てきましたが、無事移籍先が決まり、光ちゃんの本当の意味での笑顔が早くみたいです。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-29 22:32 | 高橋 光信

アレックス退団濃厚、新外国人獲得…?

 今朝の中スポでも、英二の引退と共に、オチョアの退団(濃厚)という記事が出ていました。
f0089657_2248149.jpg

 だいたいの内容については既出の他紙と同じで、詳細も昨日アップした記事に載せたインタビューと同じようなものだったので引用はしませんが、写真を見る限りオチョアはあまり悲観的にはなっていないようなのでちょっと安心しました。

 今後どこで野球をするにしろ、オチョアも年齢的にそう長く現役は続けられないと思うので、最後は両親や家族のいるアメリカでプレーしたい…という願望もあるのかもしれません。未確認情報ですが、あと1年メジャーでプレーすれば、オチョアは60歳以降、メジャー年金がもらえるそうです。アメリカでは、日本にいる時みたいに2億何千万という年俸はもうもらえないかもしれませんが、中日が契約しないのであれば、アメリカに帰ってプレーする場所を探した方が、オチョアの将来のためには良いのかもしれません。そう考えると、少し気が楽になってきました。

 今朝の中スポの記事では、「退団する見込み」という段階までしか書かれていないため、また近日中にちゃんとした結論の記事が載ると思われます。それを待ちます。

 そんな中、他紙では既にオチョアに代わる新外国人選手獲得の記事が出ていました。
f0089657_22495590.jpg

 李炳圭(イ・ビョンギュ)。

 WBCで1番を打っていた打者だそうです。今季FA権を取得し、来季日本でのプレーを望んでいるとか。

 この選手に関しては既に日本シリーズ前にドラゴンズが獲得に動いているとかロッテが獲得するとかいうニュースが流れていたので、自分も注目していました。

 李は「韓国最高の好打者」 と呼ばれているスーパースターだそうですが、何しろ中日はかつて「韓国のイチロー」を獲ってあまり活躍出来ず、最後は星野監督(当時)や球団と揉めて退団させ、結果的に韓国の人達の感情を逆撫でした…という経緯があっただけに、李炳圭が中日を移籍先として選ぶかどうか、はっきりとは分かりません。そしてさらに、韓国のイチロー(李鍾範)とタイプの似ている李炳圭が果たして日本の野球に適応出来るかという、心配な面もあります。

 …いや、李鍾範は好きでしたよ。というか今でも大好きです。WBCでまだまだやれるところを見せてくれた李鍾範をまた獲って欲しいくらい(無理か・笑)。

 ともあれ、FAの黒田はあきらめたそうなので、日ハムの小笠原、そしてオチョアに代わる新外国人選手の獲得に今後ドラゴンズは邁進していくものと思われます。楽しみのような、不安のような…。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-28 22:51 | アレックス・オチョア

高橋光信も戦力外に……

中日が和製大砲候補に戦力外通告

 中日は28日、高橋光信内野手(31)、川岸強投手(27)、桜井嘉実外野手(22)に戦力外通告を行った。3選手とも現役続行を希望している。また長嶋清幸作戦外野守備走塁コーチ(45)、秦真司捕手コーチ(44)に来季契約を結ばないことを通告した。 [10月28日 16時32分 ニッカンスポーツ]


 川相、柳沢に続いて高橋光までも…。

 2004年~2005年、ドラゴンズの屋台骨を支えた一芸に秀でた職人軍団。我々はそれを「スーパーサブ」と呼びました。

 バント・守備固めの川相、谷繁に何かあった時の控え捕手・柳沢、代打にスタメンにガッツ溢れるプレーを見せてくれた大西、走塁と強肩の英智、スタメンも代打も守備固めもいける渡邉、1点を取りに行く時に欠かせない代走要員・澤井、そして代打の切り札・高橋光信…。接戦になった時ほど彼らの存在は大きく、その特性を活かした起用がバシッと決まって勝った試合が今までいくつあったことか…。

 落合監督になってドラゴンズが強いチームに変わった1番の理由は、自分は彼らスーパーサブの活躍によるものが多いと確信していました。

 しかし、大西は昨年戦力外になり、今年になって柳沢、澤井は一度も一軍に呼ばれることはなく、川相と光信もシーズン半ばに二軍落ちしてからはずっと二軍暮らし。英智は半レギュラーに成長し、今季オリジナルメンバーのスーパーサブは渡邉一人という状態でした。

 昨年夏、観戦仲間達とスーパーサブを応援する「スーパーサブス」を結成し、川相、柳沢、英智、大西、光信、渡邉といったスーパーサブの選手のユニを着て観戦したりしていた自分達ですが、それからわずか1年足らずで6人中4人が退団……。スーパーサブスはあっさり瓦解ということになりました。
f0089657_22171670.jpg

 自分は光信を応援してきましたが、昨年中盤から調子が戻らず、今季もあまりいいとこなし。勝負どころの夏場に二軍に落とされた後、一軍ではルーキーの新井やベテラン立浪らが代打として活躍し、バット1本に賭ける光信の一軍での居場所はすっかりなくなってしまいました。結局その後一軍昇格はなく、関川、大西、野口らと同様、落合監督に光信も「見切られ」てしまったということになりました。

 大西や関川ら、見切られた選手は全員戦力外となりましたが、光信の場合は、一応日本シリーズ出場選手枠の40人には入っていましたし、戦力外対象選手は普通出場しないフェニックスリーグにも出場して活躍していたことから、とりあえず今季の戦力外はないだろう…と油断していました(きっと本人も同じだったはず)。この時期に戦力外とは、まさかまさかという感じです。本人は現役続行を希望しているようですが、光信ならきっと他球団で獲ってくれるところがあるのではと思います。頑張って欲しいです。

 そして、櫻井……。以前の記事にも書きましたが、崖っぷちの今年は故障で出遅れ、夏にようやく復帰して、試合数ここそ少なかったものの、打率.290という成績を残していたので、何とか来季も残れそうだな…と思っていた矢先に戦力外通告…。一時は4番候補として騒がれただけに潜在能力は高いと思うので、もし獲ってくれる球団があればそこで是非才能を開花させて欲しいです。無念!

 最後に川岸。一昨年の入団1年目から一軍入りして、昨年は23試合に登板し初勝利を挙げるなど、そこそこ活躍していた彼ですが、今季は故障からか二軍でもあまり投げておらず、来季の契約を心配していましたが、こちらも入団からわずか3年で戦力外となってしまいました。27歳という年齢、そして若い鈴木に一軍でのポジションを獲られたのが致命的だったのでしょうか。

 3人ともフェニックスリーグに参加していましたし、正直まさかまさか…という人選でした。3年契約で監督に就任した落合監督のこの3年を「第1期」とすれば、まさにその第1期を支え、一時代を築いた川相、柳沢、英二、オチョア、そして光信……の退団は、来季、ドラゴンズが新しく生まれ変わるのを予想させますが、それでもやっぱり、寂しい思いしか今はありません。

 彼らの今後の新天地での活躍を期待します。


にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-28 22:18 | 高橋 光信

オチョア退団報道について

 えーと、昨日の讀賣の記事について「正確でない」と書いたことについての補足ですが。

 と、その前に、今日になって各スポーツ紙がオチョア退団のニュースを伝えています。引用はしませんが、概ね「成績が悪いため来季は契約しない」というものです。

 で、昨日真っ先にオチョア退団を伝えた讀賣の記事ですが、こちらは他紙とはニュアンスが違っていて、監督の起用に不満のあるオチョアが、あくまで自分の意志で退団を望んでいる、と伝えています。

 球団の方針か、本人の希望か。また何故讀賣だけが他紙と違う報道をしたのか。オチョアの退団が既成事実として決まっていることだとしても、日本シリーズの大一番を控えたこの日に、わざわざ主力選手の進退を「監督に不満があるから辞めたがっている」とかいう風に記事にして出すその意図は……もうお分かりでしょう。日本シリーズを戦う中日に水を差すのが狙いの、讀賣のせせこましい記事ですよ。

 分かりやすく言い換えれば、巨人が日本シリーズに出ていたとして、もう1つも負けられない崖っぷちの状態の時に、中スポが「イ・スンヨプが原監督の起用に不満を持ち、退団を決意している」みたいな事を報道したようなもんです。監督以下、チームメイトや関係者、ファンも「えっ、こんな時にあいつそんなこと言ってんの!?」となるでしょう。とかく活字になると信憑性も増すものなので、それを真に受けてしまう人もいるでしょう。

 実際、自分がこの記事を見つけたのは、昨日の試合後に、とある掲示板で「日本シリーズを戦っている最中に、こんな事を言い出してチームの輪を乱す奴がいるから勝てないんだ」というような、この記事を真に受けてオチョアに対する怒りの書き込みをしている中日ファンの人を何人か見た時でした。察しの良い人は、これを報じたのが同業のライバル球団の親会社であることから、「あ、嫌がらせか」と気付いたはずです(考え過ぎですか? でも自分は報じているのが讀賣だけだったので即そう思いましたが…)。

 実際、中日球団の中では来季に向けた人員整理は進んでいると思われます。引退する川相、戦力外第1弾で発表された柳沢達だけでなく、今後もトレードを含めてドラゴンズのユニフォームを脱ぐ選手が何人かは出てくるはずです。そしてそれらの話は水面下で着々と進んでいることでしょう。また、落合英二のように退団が周知の事実になっていながらも発表がまだなのは、チームが今まで日本シリーズを戦っていたからに他なりません。各スポーツ紙も、ある程度その辺の事情は察しているはずで、例年シリーズが終わるまで該当球団の人事関係の記事は出さないのが暗黙のルールでしょう?(星野監督の阪神退団の時はシリーズ中に週刊誌に記事が出てしまって大混乱になったのは記憶に新しいところです)

 讀賣の報道が、ナインや中日ファンにどのくらい影響を与えたかはわかりません。大して影響もなかったかもしれませんし、先ほど紹介した書き込みのように、見事に躍らされたファンもいたようなので、多少影響はあったのかもしれません。お互い様なのかもしれませんが、でも、やっぱり腹が立ちますよ。退団の話自体は事実だとしても…。

 讀賣が出した「アレックスが中日を退団したがっている」というこの記事。本人も了解済みで受け入れた去年の二軍降格のことまで都合のいいように引き合いに出して無理矢理内容を正当化しようとしている姿は、今読み返すと滑稽ですらありますが、それがどれだけオチョアとドラゴンズの絆と、オチョアファンを傷つけたか…。この点が腹の立つ一番の所以です。

 オチョファンのみんこさんのところにあったドラゴンズブルーさんの書き込みで、ドラゴンズ応援番組(ラジオ)の中で今日流されたオチョアのインタビューの内容が書かれていました。それを引用させて頂きますと…

 とりあえず、アメリカに帰国して後は代理人に任せることになる。

 日本で野球をするならドラゴンズ以外は考えていない。

 だけどドラゴンズの方からオファーがないと契約しようがない。

 自分はまだまだ野球を続けていくつもりだから
 そうなれば日本以外でチームを探すことになる。


 ということです。更にインタビューの最後、インタビュアーに、

 「See you next year!!」

 と言い残して笑顔で去っていったそうです。

 「日本でプレーするならドラゴンズ以外考えていない」と言い切ったオチョア。年齢的、年俸的な問題もあり、正直来季の契約は厳しいと思いますが、オチョアがドラゴンズを嫌いになって去って行くわけではない……今もドラゴンズを愛してくれている……というその思いが分かっただけでも嬉しいインタビューでした。

 こっちの方が、讀賣の勝手な解釈のバカ記事よりよっぽど心に残ります。

 さて、ここまで来たら、あとは大本営(中スポ)発表をじっくり待ちたいと思います。もっとも、中日選手のこの手の記事は、いつも中スポが一番遅いのでもどかしいんですが…。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-27 22:09 | アレックス・オチョア

ドラゴンズ、終戦…この悔しさを胸に

f0089657_2281332.jpg

 あーあ。

 1勝したあと4連敗って……情けない負け方です。

 総じて、ドラゴンズらしい野球が全く出来なかった(させてもらえなかった)この日本シリーズでした。

 言いたい事は山ほどありますが、今、心の思うままに書き綴ると愚痴や不満ばかりになりそうなのでやめておきます。自分が書かなくても、きっと皆さん同じ思いでしょうから。

 まあこの日本シリーズ、良かったことを1つ挙げるとすれば、唯一勝った初戦を観に行けたことでしょうか。オチョアもタイムリー打ったし、川上→岩瀬の最強リレーも観れたし……。ふっ、今となってはあの勝利も却って切なく感じられますね。

 えー。

 あ、川相ですね。最後「日本一になって引退する」と言っていたのに、結局日本一にはなれませんでした。でも、ほんとの最後の最後に最高の送りバントを見せてくれました。嬉しかった。ただ、それがCM中とはどういうことやねん! ちゃんと映せ~!! VTRで見ても感動は半減するだけですわ…。

 川相も最後有終の美を飾れず悔しかったことでしょう。でも、来年コーチとしてこの悔しさを選手達と一緒に共有して、来季こそ悲願の日本一にチームを導いて欲しいものです。現役選手として今まで本当にお疲れ様でした。
f0089657_2283287.jpg

 そして…そして……昨日はチャンスに代打を送られ、今日はとうとうスタメンを外されたオチョア。8回表、上田の打席のところで代打でスタンバイしていましたが、打席の森野がゲッツーに倒れその回は出番なし。そして9回、2アウトランナーなし、文字通り最後の最後の打席で、代打で登場しました。涙の新庄、総立ちで盛り上る観客ばかりが映される中、オチョアは打席に入り、マイケルの3球目を叩いてレフトフライに倒れ、この日本シリーズの、いや、今年の日本プロ野球の最後の打者となって、今シーズンを終えました。
f0089657_2284390.jpg

 タイロン、マルティネスらと共に、オチョアの去就については近日中に発表があると思われます(読売にこんな記事が早々と出ていましたが…。去年の事を持ち出してくるところなど、全て正確な情報とは言いがたいと思いますが、不満を持っているという点、米球界復帰の願望というのは恐らく本心だろうと思います)。いずれにしても厳しい結果が予想されますが、シリーズが終わった今、それをただ静かに待ちたいと思います。

 …話はさかのぼりますが、中日が優勝した時、阪神ファンの公式ボードなどを見たら、「優勝が決まった瞬間、テレビを切った」という阪神ファンが結構いて、「心が狭いな~。胴上げやインタビューも見てくれればいいのに」とか思っていましたが、その時の阪神ファンの気持ちが分かりました。自分も、最後にオチョアの打球が森本のグラブに収まった時、テレビ切りましたもん。悔しいというか、悲しいというか……。1999年や2004年の時は、こんな気分じゃなかったんだけどなー。
 
 今年1年、ドラゴンズの応援を共にして来られた皆様、本当にお疲れ様でした。こんな終わり方になるとは思っていなかったので優勝の感激も吹き飛んでしまったかもしれませんが、この悔しさを胸に、また来年もドラゴンズを応援し続けましょう。

 ではでは~。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-26 22:09 | アレックス・オチョア

10月21日 日本シリーズ観戦記 番外編

f0089657_239231.jpg

 さて、10月21日の日本シリーズの観戦番外編です。現在進行形の日本シリーズ、3連敗でまさかの崖っぷちになってしまいましたが、そんなこと関係なしに初戦の盛り上がりを振り返りながら読んで下さい(笑)。

 まずはドームの中に入ってからの写真。通路に飾っているパネルにオチョアの後姿を見つけ、思わず擦り寄る(笑)。沢山人が行き来する中で撮ったので結構恥ずかしかったです(笑)。
f0089657_23954100.jpg

 続いては観戦中の親バカ写真。すみません。
f0089657_23101154.jpg

 こちらは観戦中の嫁の後姿。荒木一筋の嫁はいつも荒木ユニなんですが、この時ばかりはさすがに川相の現役の最後の姿を観れる機会ということもあって、川相ユニを着てもらいました。
f0089657_231025100.jpg

 このユニ、もともと月刊ドラゴンズに投稿が掲載された時に景品としてもらったユニで、送ってもらう時にサイズを選べたのですが、当時はスーパーサブスとして自分は光信ユニを着ていたため、「この景品のユニは嫁に着させよう」と思い、嫁のサイズのをもらったのでした。その後、これにKAWAI 7と刺繍を入れたのですが、別に川相ファンでも何でもない嫁はこの川相ユニを球場で着るのを嫌がり、結局一度も着ないままこの日を迎えたのでした。

 出発前、嫁に「今日は川相着てよ」と頼んでも「着ない、荒木着る」の一点張り。仕方ないので実力行使に出て、ユニや観戦グッズを支度する時に嫁の荒木ユニは入れず、川相ユニだけをしまい込んだのでした(笑)。

 行きの車中でも自分とSさんが今日川相ユニを着ることの意義を説き、ドームに着く頃には何とか嫁も納得してくれましたが、女性が着る川相ユニというのもなかなかいいじゃないですか(マニアックだ…と男性ドラファンから喜ばれそう)。

 この日、川相はベンチ入りはしたものの、結局出番はありませんでしたが、やはり川相の最後の晴れ舞台ということもあってか、この日は川相ユニを着た人を4人程見かけました。

 お次は試合後の記念写真の1枚。Sさんは観戦時は渡邉ユニを着ていたのですが、この日は星野監督時代に買ったプロモデルの落合英二ユニと、2004年に愛用していた柳沢ユニも持ってきていて、Sさんは英二ユニに、モンテコックリ君は柳沢ユニに着替えました。そしてこの4人の後姿を撮影したのですが……この4人の後姿を撮った意味、分かりますか…?
f0089657_2312249.jpg

 そう……「今季ドラゴンズを去る選手達」です……って、いやいや、オチョアはまだ分かりませんが! しかししかし、既に引退が決まっている川相、戦力外となった柳沢、そしてまだ発表はないものの、退団は確定的な落合英二……そしてオチョア。この4人の後ろ姿を、もし日本シリーズに行けたら試合後に撮りましょう、ということをSさんと話していたんです。それが実現出来たことは、日本シリーズを観に来られたのと同じくらい嬉しかったです。

 …2004年の優勝の時、この4人はそれぞれ活躍してチームに無くてはならない存在だったのに、わずか2年後にこんな状態になっているなんて………。想像も出来なかったし、現実として受け入れることは出来ても、やっぱり何だか切ないです…。

 いやいや、勿論オチョアはまだ退団決まってませんから! 

 …最後は遺影(笑)の2人と合わせて5人で友情の記念撮影。
f0089657_2314345.jpg

 …と、その直前の、「誰がどれ持つ?」「ポーズは?」とか話し合っている時の自然体の写真(嫁がいつの間にか撮ってた・笑)。
f0089657_2314541.jpg

f0089657_23244822.jpg

 いつもアホな写真撮ったりしてますが、その合間合間は結構冷静にこーやって打ち合わせとかしてるんですよ(笑)。

 …とまあ、こんな感じです。今回はあんまりネタがなかったな…。あと、番外編のユニ編というのも書いてますので、こちらも近日中にアップします。内容は、「この日ドームで見つけたマニアックユニ達」とかそんな感じで…(笑)。
f0089657_23155791.jpg

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-25 23:16 | 中日ドラゴンズ関連

日本シリーズ第1戦観戦

 2戦目が終わってからというのも何ですが、10月21日の日本シリーズ第1戦の観戦記です。
f0089657_23284464.jpg

 当日の速報(?)記事にも書きましたが、とにかく行けることになったのが当日の午前中。先週の段階でチケットの販売は全て終了していたわけですが、前日までに出た先行予約のキャンセル分の販売が21日の午前10時からあり、それを我々のメンバーが見事ゲットして、急遽観戦が決まったのでした。

 プレミアチケットを4枚もゲット出来たのは超ラッキーでしたが、正直取れるとは思っていなかったため、観戦メンバーのモンテコックリ君にも前日「多分取れない」と伝えてしまっていたので、いざ取れて連絡をしてみても連絡がつきません。

 ドームまで余裕を持って行くためには午後2時過ぎには家を出なければならないため、とりあえず大急ぎで支度をして車で出発した時には、メンバーは自分と嫁(とジュニア)とSさんの3人だけという状況。連絡のつかないモンテコックリ君に、「チケット取れたから、来れるなら来てくれ」とメールはしてありましたが、現時点では来れるのか全く分からないという状態。しかし、もう他にアテもないので、「彼が来なかったらチケットどうしよう…」という不安の中の出発でした。しかし、まさか今日日本シリーズに行けることになるとは思ってもいなかった我々のテンションは非常に高く、自分も夜勤明けで寝てないにも関わらず、眠気も全く感じない行路でした。

 4時半頃にドームに無事に到着し、まずは優勝記念グッズを購入するためショップに向かいますが、やはり皆さん考えることは同じのようで、ショップには長蛇の列が。しかし試合後はもっと込むことが予想されるため、仕方なく列に並んでしばらく待ってショップに入りました。

 優勝グッズは大したものはありませんでしたが(笑)、一応記念ということでちょっとした小物や日本シリーズのプログラムなどを購入。「だって今年はこの後“日本一記念グッズ”や“アジア一記念グッズ”も出るし、そのためにお金とっておかないといけないですからねー」なんてSさんと話していましたが、果たして…?
 
 ちょうどショップから出た頃に、モンテコックリ君から「今仕事終わりました。急いで行きますが遅れます」というメールが。彼は我々より名古屋寄りに住んでいるので、1時間程で来れるはず。良かった、無事4人揃った!

 席がプライムツインだったので、ドームに入り、ゆったりした席でくつろぎながら配膳された弁当を食べます。プライムツインの弁当は普通に売店で買う弁当より豪華な感じで好きです。
f0089657_23303085.jpg

 そうこうしているうちにスタメン発表、出場メンバーの紹介、国家吹奏と、シリーズ開幕ならではの儀式にテンションも高まります。高木守道氏の始球式の時に、「着きました」とモンテコックリ君から連絡が入り、チケット受け渡しのため入り口ゲートへ。無事球場に入れたモンテコックリ君は、やはり今日はチケットは取れないと思っていたらしく、「仕事が終わってメール見て慌てましたよ。一回家に帰ったら嫁はもう食事の準備もしてましたが、「ごめん、行って来る」と言って出てきました」と汗を拭きながら話していました。奥さんのUちゃん、ゴメンナサイ。

 無事席に着いた頃、試合開始。先発・川上が1球ストライクを取る度に物凄い歓声です。いいですねぇ、これぞ日本シリーズの雰囲気です。Sさんやロウ達とチケット入手に奔走し、頑張って手に入れた甲斐がありました。
 
 そのロウは、この日は予定があって来られず、またミニコミスタッフであり観戦仲間でもあるボブさんも仕事が忙しいということで来られなかったので、この日は2人の写真を持ってきました(笑)。それを席に飾り、彼らの魂と共に観戦です(爆)。
f0089657_23314598.jpg

 さてさて、色々な思いで臨んだこの日本シリーズですが、やはり気になるのはオチョアです。シーズンで満足な結果を残せなかったこともあり、契約の切れる今季、これがドラゴンズで最後の試合になる可能性が高いわけですが、「今年1年オチョアを応援する」という目的で作ったオチョユニを着て、自分も今季最後の観戦に臨みました。

 …試合の展開については今さら書いても面白くないと思うので、簡単な感想のみにします(笑)。

 序盤は川上も固かったし、ダルもぎごちなくて、「あー、これが日本シリーズの重圧なんだな~」と感じていた中、井端だけは守備で好プレーを連発。前回の日本シリーズ初戦では名手・英智と共に、らしくないエラーをしてしまった井端でしたが、この日はいつも以上に軽いフットワークでみせてくれました。かっこええなあ、井端!

 ただ、その井端も含め、打線の方はらしくなく、1、2、3番がノーヒットで、代わりに4、5番が出て6、7、8番が返すという、ドラゴンズにしては珍しい得点パターンでした。

 我らがオチョアは、4打席中3打席で得点圏にランナーを置いた状態で打席に入りましたが、2回の無死二・三塁の第1打席はダルに全くタイミングが合わず見逃し三振、4回の無死一・二塁の場面は内野ゴロに倒れましたが、これが進塁打となりランナー二・三塁となって、続く井上の勝ち越しタイムリーを呼び込みました。これはこれで結果オーライでござるよ。

 第4打席は、試合が3対2のまま膠着状態に入っていた8回裏、一死三塁で回ってきました。ここでオチョ君はあわやホームランかというようなレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースを放ち、4対2となる貴重な追加点を叩き出しました。万歳~!

 勝利監督インタビューでも話に出ましたが、このオチョアの叩き出した1点が結果的に大きかったのは言うまでもありませんが(第1打席でも打ってくれていたらもっと楽な展開になっていた…とかいう野暮なツッコミはなしでお願いします・笑)、シーズン通算の得点圏打率336だったオチョアは、シリーズでも律儀に3打数1安打、得点圏打率333をマークしたのでした(笑)。第3回アレックス祭りとまではいきませんでしたが、プチオチョ祭り程度くらいにはなったでしょうか(笑)。

 総じて、エース・川上の力投、谷繁の意地のタイムリー、選手会長の勝ち越し打、そして井端の好プレー、満塁で代打の切り札・立浪登場(凡退でしたが)、最後は岩瀬が3人斬り…と、ドラゴンズファンには文句のつけようのない好ゲームでした。

 9月に観戦した阪神戦がしょーもない試合だったので、個人的に今季最後の観戦がこういう意義ある、素晴らしい試合になったのは嬉しい限りです。

 試合後もファンのテンションは高く、ドームを出て人込みの中を歩いているとあちこちから燃えドラの熱唱が聞こえてきて、行き過ぎる見ず知らずのドラファン達とも次々とハイタッチ。とにかく通常の試合後では有り得ないような盛り上がりで、モンテコックリ君も「日本シリーズに勝つとこんな風になるのか~…」と思わず呟いていました。

 さて、試合後はおまちかねの写真撮影タイム(笑)。様々な写真を撮りましたが、記事が長くなってきたのでとりあえず今回アップするのはこの5枚だけ…。残りの素敵な写真はまた後日、番外編として紹介します~。
f0089657_23345629.jpg

f0089657_2335392.jpg

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-23 23:35 | アレックス・オチョア

観戦!

 ギリギリ逆転満塁ホームラン(?)で、今日の日本シリーズを観戦に行ける事になりました!

 今日の朝10時から発売された、先行予約キャンセル分のチケット販売で無事ゲット出来ました。力を貸してくれた皆様には感謝感謝です。

 とりあえずあと2時間ほどで出発なんですが、急展開だったので現時点でまだ一緒に行くメンバーが一部決まっていません(笑)。おまけに夜勤明けで寝ていないので頭がフラフラしてるんですが、なんとか頑張ってナゴドに行ってきます!

 観戦記はまた後ほど~。
[PR]
by Izanagi52 | 2006-10-21 12:16 | 中日ドラゴンズ関連
管理人紹介&Link

■Izanagi52■
所在…愛知県東三河
性別…♂
年齢…不詳
好きな野球選手…
 ・アレックス(中日)
 ・高橋光信(中日)
 ・春田剛…etc.
 ・久慈照嘉(ex.中日・阪神)
 ・李鍾範(ex.中日~起亜)

■ミニコミの紹介と販売■
DRAGONS NEVER DIE

■管理人別ブログ■
久慈記

■ドラゴンズ関連リンク■
中日ドラゴンズ公式サイト
GO!GO!オチョア☆
SOUTH POLE
ST Dragons studium
BALLPACKER
FOREVER DRAGONS
Dream×Dream

■好きな選手関連リンク■
野口投手登板試合記録所

■友人関連リンク■
BEAT EMOTION

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
最新のトラックバック
Valium.
from Valium.
Can ultram b..
from Can ultram be ..
Where to get..
from Where to get d..
Acepromazine..
from Acepromazine b..
How to get a..
from How to get a d..
Online pharm..
from Online pharmac..
Mexico farma..
from Mexico farmaci..
Dilaudid wit..
from Dilaudid witho..
Buying acepr..
from Buying aceprom..
How do you p..
from How do you pur..
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧