DRAGONS NEVER DIE 〔TYPE:SSS〕


我らが中日ドラゴンズの誇るスーパーサブの選手を応援するブログです。
by Izanagi52
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Attention.

 またもや記事書いてますが。

 いや、あの、書かずにはおれないことがありまして…。

 某ネットオークションを見ていたら、紛らわしいユニが出ていたので一言書いておかねば、と思いまして…。まあ自分が関与してるわけではないので書かなくてもいいわけですが、勘違いして落札したりして後で悲しい思いをされる方がいるとアレなので。

 12球団全ての選手のユニフォームの首のところに入っている「NPB」マークですが、これは我々一般人が手に入れることの出来るユニフォームとしてはプロモデル(プロコレ)にしか入っていません(2002年モデル以降)。その他の安価なレプリカには入っていないのです。ある意味、この「NPB」マークこそがプロモデルであるという証でもあるのですが、最近チラホラと、安価なレプリカユニにこの「NPB」マークを貼り付けた代物がオークションに出回っているのを見かけるようになりました。

 「NPB」マーク自体は複製しようと思えば簡単に複製出来そうなデザインなので、マーキングをやってくれるショップに頼めば簡単に出来ると思います。しかし、阪神ファンがレプリカのタテジマユニの袖に「Joshin」ワッペンを着けたりするのと同じように、「自分の持っているレプリカユニを少しでも本物に近づけたい」という思いで自作して着けているならともかく、レプリカにこれを着けて、さもプロモデル(もしくは選手実使用モデル)であるかのように思わせてオークションに出す、ということをする人も中にはいると思われますので用心が必要です。

 自分達のようなユニフォーマーであれば、レプリカに「NPB」マークを貼ったところでユニ本体を見れば簡単に「レプリカだ」と判別出来るわけですが、中にはプロモデル(選手モデル)だと信じて買ってしまう人もいるかと思われます。特にオークションでは実物を手に取って見られるわけではないですし、取り引き前に見られる画像も限られていますから要注意です。

 そこで、ドラゴンズのユニのレプリカとプロモデルを見分ける方法を載せておこうと思うのですが、

 ①胸の球団ロゴ、胸番号、背番号、背文字の大きさの違い

 ②同じくその刺繍方法の違い

 ③プロモデルは裏の裾にタグがある

 などで容易に判別は可能です。

 ①についてはレプリカユニ自体が毎年マイナーチェンジしているので、その年度毎の違いも把握しておかねば混乱することもあるかと思いますが、どの年度モデルも一貫して背番号・胸番号、背文字が全てプロモデルに比べ小さくデブっとした字体になっており、バランス的な面でプロモデルとは明確な違いがあります。しかしこれはある程度よくユニを見ていないと普通の人には判別が難しいかもしれません。

 ②は割と簡単に見分けがつきます。そう、プロモデル(選手実使用モデル)の刺繍は全てチドリ刺繍、レプリカは全ての刺繍が縁取り刺繍なのです。これがレプリカとプロモデルの違いで一番分かりやすい違いかもしれません(ただし、ナゴヤドーム通販で売られている15,000円くらいするレプリカは除く…。これはほんとに出来が良く、③以外の方法では見分けが難しいです)。

 縁取り、チドリと言ってもどんな刺繍なのか分からないという方はこちらを参照にして下さい(MISATOマークさん)。写真の通り、見た目としては縁取り刺繍の方がフチがボコっとしていてごっつく重い感じで、チドリ刺繍の方が平坦であっさり軽めの刺繍です。

 ③も分かりやすいです。ネットオークションなどでは見られる画像が限られている上に、大抵は前から写した写真しか載っていなかったりするのですが、プロモデル、選手実使用モデルは、前から見ても下の方にタグが有るのが見えます。現在オークションに出品されているアレックスの実使用モデルの画像を拝借しましたが、ご覧の通りです。
f0089657_23212162.jpg

 また、後ろから見てもタグが着いているのが透けて見えるので簡単に分かります。この作りはプロモデルも同様です。つまり、画像を見てタグが見えない時点でそれはレプリカということになります。そう思うとこれが一番簡単ですな。
f0089657_23213992.jpg

 ついでにプロモデルと選手実使用モデルの判別方法ですが、こちらはタグの内容に違いがあります。タグ自体はメーカーやその年度により多少違いがあるのですが、プロモデルには基本的に製造年と背番号、サイズ、メーカー名などが入っています。これが実使用モデルとなると、当然選手本人しか着ないわけですから、プロモデルのようにLとかMとかのサイズの明記はありません。初めからその選手本人にピッタリ合うように作っていますから。また、実使用モデルには、同じく拝借した下の画像のように、選手本人の名前も刺繍されています。
f0089657_23231422.jpg

 つまり、プロモデルと実使用モデルを一番簡単に見分ける方法としては、「サイズの明記があるか(あったらプロモデル)」「選手の名前が入っているか(あったら実使用モデル)」という点。あと、選手モデルは脇の下が切れています。だから憲伸とか試合中によく腋毛がチラチラと見えてますよね(笑)。プロモデルはその切れ込みがありません。

 以上の点を踏まえまして、ユニをオークションで入手する際には、マガイモノに十分気をつけて楽しんで下さいね~…ということで…(笑)。
[PR]
by Izanagi52 | 2006-11-21 23:26 | ユニフォーム関連

Dear sir.

 このブログを終了して10日程経ちました。今日久々に覗いてみたら、終了後も連日多数のアクセスがあることに驚きました。ありがとうございます。

 連日アクセスして下さる皆様に何か報いたい…という思いもあって、本来であればもう記事は書かないつもりでいましたが、今またこうしてキーボードに向かっています。しかし、正直何を書いたら良いのか…(笑)。まあ、辞めたのにこうして書いてること自体反則なわけですが。

 んー…。

 あ、ブログ終了後にメールを下さった方々にはお伝えしましたが、とりあえず自分は元気にやってますのでご心配なく(笑)。仕事は相変わらず忙しくてストレス溜まりまくりですが、ブログを辞めたことで家では多少時間的にもゆとりが出来て、その時間を大好きな読書に費やすことが出来、知的好奇心をたっぷり満たしております。

 ドラゴンズの方では、秋季キャンプで春田君がどうやら落合監督のお目がねにかなったようで、連日嬉しくなるような記事がたくさん中スポ紙面に踊っています。そういう記事を見る度に、「ブログに書きてぇ~!」という思いがよぎり、辞めたことを後悔したりすることもありますが、今は春田君の成長を嬉しく思いながらひっそり見守っています。頑張れ春田!

 気になる戦力外組では川岸が早々と楽天入りを決め、櫻井もソフトバンクのキャンプに参加中と、みんな何とかなりそうでホッとしています。特に高橋光信は中日の一番のライバル球団・阪神への移籍が確定的ということで、もしこれが実現すれば来季は竜にとって最大の驚異になることは間違いありません。まだタテジマを着た光信の姿は想像出来ませんが、ナゴヤドームで再会するのを楽しみに待ちたいと思います。そして、甲子園で中日相手に光信の代打逆転サヨナラホームラン……見てみたいなあ!!(おいおい)

 タテジマの光信ユニは……多分作りませんけど(笑)、光信は球団の枠を越えて今後も応援していきたいと思います。勿論、川岸や櫻井も!

 ドラゴンズはFAの小笠原獲りを断念し、目下新外国人助っ人を探しているようですが、こちらもどうなるのか楽しみです。アレックスとかギャラードみたいに、名前も顔もかっこいい助っ人だといいなあ…(なんだそれ)。

 まだまだ書きたい事はたくさんありますが、隠遁生活の身なので(?)、このくらいにしておきます。

 ではでは。一日限りの限定復活でした。
[PR]
by Izanagi52 | 2006-11-17 12:50 | 中日ドラゴンズ関連

DRAGONS NEVER DIE!!!

 さて、今年3月から続けてきました当ブログ『DRAGONS NEVER DIE』は、この更新をもって終了することにいたしました。

 いつも温かいコメントを下さった皆様、短い間でしたがお付き合い頂きまして本当にありがとうございました。ユニフォーム関連の記事など、マニアック過ぎてついて来られない事も多々あったと思いますが、そういった自己満足な記事も含めて、読んで下さった方々には心より感謝申し上げます。

 これで最後なので、ちょっとダラダラと書かせて下さい。

 自分はこのブログを始める前、『久慈記』という阪神タイガース寄りのブログをやっていました(今も続いてます)。しかし、もともと根っからのドラゴンズファンであるため、『久慈記』をやりつつも「ドラゴンズのブログもやりたいな~」と常々思っていました。しかし『久慈記』の更新で手一杯で、とても2つのブログを同時にやることなど不可能だったので、『久慈記』の中でドラゴンズネタを細々と書いていました。しかし、『久慈記』に来て下さる方の大半は阪神ファンなので、ドラゴンズネタを書いても反応はほとんどなく、「いつかドラゴンズだけのブログやりたい…」という気持ちは日に日に強まっていったのでした。

 そんな昨年オフ、久慈さんが現役を引退され、『久慈記』の方もネタがなくなって更新頻度が低くなってきたので、時節到来とばかりに今年3月に始めたのが、この『DRAGONS NEVER DIE』でした。

 当初はドラゴンズの誇るスーパーサブ達(川相、光信、英智、渡邉、柳沢ら)を応援するブログにするつもりだったのですが、迎えた今季はスーパーサブの活躍が目立たず、ネタも少なかったこともあって、いつしか贔屓選手のアレックスや春田剛応援ブログと化していきました。

 念願のドラゴンズブログということもあり、時間のない中、睡眠時間を削って夢中になって記事を書き続けてきましたが、今季は応援していたアレックスや光信らの成績が期待していたほど伸びず、また敬愛する川相の引退が噂されるようになってきたあたりから自分のモチベーションも下がり始め、「もし彼らがいなくなったら、この先このブログで何を書いていけばいいんだろう?」と思うようになってきました。

 考えた揚句に出した結論が、7月28日の記事に書いた「今オフ、アレックスと川相がチームを去ったらブログをやめる」というものでした。端から見たら突飛な話だったと思われたでしょうが、自分の中ではかなり考えた末に出した結論だったんですよ(笑)。選手と一蓮托生。その覚悟で記事を書いた方が文章に思いが入るし、モチベーションの低いままダラダラ続けて行くよりいいかなーと思いまして。それでもし、アレックスや川相がチームに残ることになったらなったで、また初心に返って応援して行けると思いましたし。

 結果として、川相は引退、アレックスも退団という形になり(光信の退団は予想外でしたが)、このブログも終了することとなりましたが、ここまで自分なりに一所懸命に記事を書き続けてきて、このブログを始めた時に「書きたい」と思っていたことも含めて全て書き尽くしたと思うので、今はもう悔いはありません。唯一あるとすれば、秋季キャンプでファーストにも挑戦して頑張っている春田君の事を追って書いていけないことでしょうか…。

 今後ですが、何だかまた新しいブログを始める、なんて話になってますが(笑)、正直、いつから始めるとかそういう具体的な予定は今のところ全く立てていません。今年の夏場あたりから公私共に非常にハードな生活を送っており、今はまだそんな気力はないので…。しばしの充電期間に入ります。

 しかしまだ『久慈記』は存続していますし、いつもお邪魔していたサイト/ブログさんへは今後も時間の許す限りロムや書き込みはさせてもらうつもりでいますので、その際はまたよろしくお願いいたします。

 …最後のワガママですが、この記事に対するコメントは、一切書き込み出来ないようにさせてもらいました。コメント可にしておけば、何人かの常連さんはきっとお別れや壮行のコメントを残して下さったとは思うのですが、Izanagi52は、またいつか必ずドラゴンズブログで戻ってきますので、日本を去って行く時のオチョアがそうだったように、「サヨナラは言わない、言わせない」で、このブログを締め括りたいと思います。

 それでは、約7ヶ月の間、お付き合い頂きましてありがとうございました。またお会いする時まで、お元気で! See you next blog(笑)!!!  
f0089657_22143296.jpg

 …Izanagi52 wrote from March to November, 2006. All thank you!!!
[PR]
by Izanagi52 | 2006-11-07 22:15 | その他

アレックス・オチョア退団

 中日が、オチョアに代わる外野手の助っ人として獲得に動くと言われていた韓国の李炳圭は、何でも年俸を3億円要求してきているらしく、「マネーゲームはしない」という球団社長の鶴の一声で獲得を断念したみたいです(当然です)。

 今日の中スポには、日ハムの小笠原と併せてロッテからFAが噂されるサブロー外野手の獲得にも動くということが書かれていましたが、サブローは残留が本日決定し、小笠原も移籍先は巨人が濃厚とか。果たしてどーなるんでしょう? 誰がどこに行って代わりに誰がどうなって…と、いろいろ想像するのもストーブリーグの醍醐味ですね。

 松坂、井川のメジャー移籍話や、仁志の横浜移籍など、日々色々なニュースが飛び込んでくる中で、オチョアの件はすっかり忘れ去られた感がありましたが、本日、正式にドラゴンズとは来季の契約を結ばないということが発表になりました。

アレックスが中日退団

 中日は6日、アレックス・オチョア外野手(34)に対して来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。03年、カージナルスから入団。強肩を生かして外野のレギュラーに定着した。今季は138試合に出場、打率2割7分3厘、15本塁打、77打点をマークしたものの、守備面の衰えが目立ち、契約を延長しないことを決めた。4年間の通算成績は550試合に出場、打率2割8分3厘、75本塁打、309打点。

[ニッカンスポーツ/2006年11月6日18時44分]


 予想は出来ていたことなので驚きも悲しみもしませんでした。ただ自分の願いは今までにも書いてきた通り、オチョアのメジャー復帰の夢が叶うことだけです。そしてオチョアがまた日本でプレーする時と変わらず、あのスマイルでプレーしてくれたら、これほど嬉しいことはありません。

 返す返す、2度の優勝に貢献してくれたことは有難いことだと思います(外国人助っ人で他にいましたっけ?)。最後の方は打撃も守備も衰えてきたのかパッとしませんでしたが、そこだけを取ってオチョアを批難するのはどうかと思います。今年だって77打点ですよ。十分優勝に貢献したじゃないですか。今季、オチョアのバットで勝った試合が何試合あったことか。英二にしろ光信にしろ柳沢にしろ、今まで貢献してくれた選手が退団していくのに「ありがとう」の言葉もかけてあげられないようなヤツは同じドラゴンズファンだとは思いたくないです。

 オチョアに感謝したいことは沢山あります。一番嬉しかったこと、そして一番有難かったことは、超個人的なことではありますが、8月22日に観に行ったヤクルト戦でサヨナラタイムリーを打ってくれたことです。この日は自分のジュニアの初観戦。若かりし頃から、「もし将来結婚して子供が出来たら、親子でユニを着て観戦したい」と思っていた自分の夢が叶ったこの日に、オチョアがサヨナラタイムリーを打ってくれた…。こんな出来過ぎな話があるんだろーか…と思ったものでした。

 中スポの写真販売で、あの日の写真は記念に買いました(あんまりいい写真じゃなかったけど…)。新聞も取ってあります。ジュニアがもう少し大きくなって、もしドラゴンズファンになってくれていたら、その時はこの日の写真や新聞、優勝記念DVD、そしてオチョアのユニフォームを見せて、この日の試合のこと、そしてオチョアのことを話してやるつもりです。

 アレックス・オチョア。2003年から4年間、ドラゴンズのためにプレーしてくれてありがとう。そしてお疲れ様。思えばこの4年間、観戦に行く度にオチョアの姿があるのが当たり前だったのに、それが来年からはもう見られないというのはやっぱり寂しいです。でも、オチョアが愛してくれたドラゴンズを、これからも我々は応援していくと思います。オチョアの思い出を胸に刻んで。
f0089657_0221023.jpg

f0089657_015115.jpg

f0089657_0285169.jpg

f0089657_04976.jpg

f0089657_0223316.jpg

f0089657_0224663.jpg

f0089657_023264.jpg

 …オチョアの退団が正式に発表となりましたので、次回の更新をもちまして、このブログは終了させて頂きます。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-11-07 00:50 | アレックス・オチョア

日本シリーズで見つけた春田ユニ

 そうそう、すっかり忘れていました。10月21日の日本シリーズ初戦を観戦に行った際に、客席で見つけた春田ユニを着ていた人のことを記事にするのを…。

 いやー。以前載せた「ドームで見つけたマニアックユニ達」の中で紹介するはずが、すっかり忘れてしまっていました。その記事用の画像もあらかじめ用意してあったのに…。きっとあれですね、日本シリーズが終わって色々人事関係の事とかあって頭が働いてなかったんでしょうね。

 まあでもこの春田ユニの事だけでも1本記事が書けそうだな…とその時から思っていたので、時期はズレてしまったとはいえ、結果的にこうなったのは良かったかもしれません(笑)。

 で、早速話に入りたいと思うんですが。

 日本シリーズ初戦を観戦に行き、いつものようにユニ観察(笑)をしたのは「ドームで見つけたマニアックユニ達」の中で書きました。ドームに着き、ショップの周りや通路を行き交う大勢の人達のユニを見ながら、色々マニアックなユニやかっこいいユニを見つけてはSさんと盛り上ったわけですが、自分はその時も心の中では常に「誰か52番着てる人いないかな。春田ファンはおらんかな…」と思っていたのでした。

 しかし52番を着ている人は見つけられず、「平田ユニはおるのに春田ユニはやっぱりまだおらんのか…」と思っていたのですが、試合中、テレビモニター(席がプライムツインだったので、頭上にモニターがあるのです)に映ったライトスタンドの観客の中に、52番を着ている女の人がいたのです! とうとう見つけた(笑)!

 しかし、映ったのはほんの一瞬で、しかも当然前からの姿しか映らなかったので、胸番号で52番を確認したものの、背中はどうなっているか分かりませんでした。以前の記事で書いたように、この日は幕田や瀬間仲など、昨年まで在籍していた選手のユニを着ている人も見かけていたので、もしかしたら去年52番を着けていた都築ユニかもしれない…と思ったのでした。それを確認する術はなく、「あれは果たして春田ユニだったのか都築ユニだったのか…」という疑問を抱えたまま、帰途についたのでした(大げさ)。

 翌朝、中スポを読みながら昨日の勝利の余韻に浸っていると、最終面に勝利に沸くスタンドの模様がでっかい写真で載っていました。
f0089657_010331.jpg

 うんうん、昨日の試合は盛り上ったよねー…とか思いながら、ついいつもの習性でその写真に映っている人のユニをチェックしていくと(笑)、その中に気になる人がいました。
f0089657_0111953.jpg

 隣のおばさんもいいキャラ出してますが、その左のユニの娘をよーく見てみると…。
f0089657_0114191.jpg

 春田ユニじゃん(笑)! そうそう、試合中モニターで見た52番ユニの人はこんな感じの娘でしたよ、確か! 同一人物です、多分。やっぱり春田ユニだったんだー。良かった良かった。しかし、昨日の謎が、まさか中スポで解けるとは思ってもみなかったです(笑)。ありがとう、中スポ!

 しかしこの娘、春田ユニで、しかも漢字ユニとは気合入ってますね。春田ファン、ドームにもいるんだ、やっぱり…。

 かくいう自分も、試合中、ちょっと春田ユニ着たりしてましたが(笑)。
f0089657_0122216.jpg

 この日はオチョアユニだったんですが、オチョア2回もチャンスに凡退するんだもん…。悲しくて思わず脱いでしまいましたよ。その後、タイムリーを打った時に慌ててまたオチョユニに着替えたんですが(笑)。あ、この写真、なんか机の上ゴチャゴチャしててみっともないですね。すみません。子供の靴とか乗ってるし…(笑)。

 そうそう、春田君で思い出しましたが、週刊ベースボール増刊の「中日ドラゴンズ優勝」号で、今季のファームについて触れた記事があり、その中で春田君絡みの記事を発見しました。

 ライバル心をむき出しにした高卒ルーキー同士の競争は、見る者を楽しませてくれた。平田良介、春田剛の2人だ。
 
 かたや名門・大阪桐蔭高で通算70発の怪物なら、かたや水戸短大付属高で44発のスラッガー。ポジションも同じ外野手とくれば、常日頃から意識しあうのが当然の成り行きとなった。

 一軍昇格では平田に軍配も、公式戦7本塁打を放った春田がチーム本塁打王を獲得して平田をリード。体さえしっかりすれば、近い将来、チームの主力を担えるであろう力を十分に発揮した。


 うーん、しっかり見てますね、週刊ベースボールさん(笑)! そうなんですよ。とかく比較されるこの2人ですが、入団時の話題性は別として、今季の成績だけ見たら、「若竜で誰が出てきそうか?」という話題になった時、「平田」の前に「春田」が出てくるはずなんですけどね。そういう人が少ないのがですね、寂しいですね。

 勿論、自分は平田君にも期待してますよ。これからもお互い切磋琢磨して伸びていってもらいたいです。

 ま、自分がこんなこと言わなくても春田君達は秋季キャンプで頑張っているはずですし、きっと春にはひと回り成長した姿をまた我々の前に見せくれるはずですので焦らず待ちたいと思います。

 秋季キャンプ、見学自由だそうで、観に行きたいんですけど、週末はなかなか時間の都合がなぁ…。

 近々このブログは終幕しますが、秋季キャンプで、これからどんな記事が出てくるか楽しみにしたいと思います。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-11-06 00:15 | ユニフォーム関連

ムネリンの背番号は…?

 以前書いたと思うのですが、自分、ホークスの川﨑宗則が好きなんですね。きっかけは彼がまだ二軍にいた頃なんですが、週刊ベースボールにインタビューが載っていて、それを読んで、「この子、まだ若いのにしっかりしてんな~」と関心して興味を持ち、しかも背番号が自分の大好きな52番だったことから、すっかり贔屓選手となったのでした。

 プレイヤーとして見ても、自分はもともと足が速いとか守備が上手いとか小技が巧いとか、そーいう感じの選手が好きなんですけど、川﨑はまさにピッタリ自分の嗜好にジャストミートで。さらに、顔もいいじゃないですか(笑)。いや、自分は正常な男なんで野球選手を見る時に顔は別にどうでもいいんですけど、暑苦しい顔やごっつい顔よりは、涼しげな顔の方がいいなーと(笑)。でもまさか、その川﨑がわずか数年でレギュラーに定着して、こんなに大人気選手になるとは思っていませんでしたけどね。

 そんなわけで、応援するチームは違えど川﨑はずっと気にかけていたんですが、今年はホークスのショートの第一人者(?)だったベテラン・鳥越が引退し、ホークスの背番号6番が空いたので、もしかして川﨑が6番をつけるんじゃないかなーと思っているんですが…。

 井端、宮本、久慈といった名ショート達の多くが背番号6をつけているので、パリーグを代表するショートに成長した川﨑も、そろそろ6番をつけてもいのではないかなと。勿論、入団時からの52に愛着もあるでしょうし、これだけ「ホークスの52番=ムネリン」という認識がファンの間に浸透しているとなっては、変えづらい部分もあるでしょうけど。何より、本人が「入団時の52番のままでいきます」と言ってくれるのであれば、それはそれで52番愛好家としては嬉しいですし、非常にかっこいいと思うんですが。

 そんなわけで、「川﨑、来年背番号変わるんかなー」と思っていたので、変わる前に52番の川﨑ユニ(ビジター)を買っておこうかな、なんて考えて(笑)、ホークスのサイトを見てみたんですが…。
 
 レプリカの川﨑ユニの既製品ってないんですね(涙)。というか、選手モデルのレプリカは全てオーダーしないと作ってもらえないみたいです。価格はユニ代5900円、刺繍代3500円と、ドラゴンズに比べるとちょっと高いんですが、画像で見た限り出来もいいし、ちょっと惹かれました(画像は全て公式サイトより転載)。
f0089657_1502916.jpg

 買うつもりはなかったけど、プロコレ(プロモデル)も見てみたら……げげっ、45000円!? 高い…! ドラゴンズの29000円でも十分高いのに……。説明をよく見ると、ホークスのプロコレは文字通り「選手と同じもの」だそうで、「選手のものに限りなく近いレプリカ」であるドラゴンズのプロモデルとはモノが違うんですな。しかし、45000円は高すぎだよ…。

 ついでにホークスグッズを色々見てみたんですが、品数多っ! 人気選手のグッズなんて物凄い数があります。中でもちょっとウケたのが選手のナンバープレート。文字がピンクじゃなかったら川﨑の欲しいなぁ。使い道ないけど…(笑)。
f0089657_1512436.jpg

 しかし、こういうオリジナリティのあるグッズって面白いですよね。中日なんて、昔ながらのありきたりなグッズばかりで、ショップに行っても何も面白くないですしね。ホークスや阪神みたいに、球団がグッズの開発や販売に力を入れているのってすっごく羨ましいと思います。

 …結局、川﨑ユニは「着る機会があんまりないから」ということで(最初に気づけ)購入はやめましたが、先日日本シリーズを観に行った時、ドームのショップで川﨑の52番の刺繍の入ったリストバンドを見つけた時は、本気で買おうか悩みました(勿論春田ユニを着た時につけようと思って…笑)。

 画像は松中のですが、このリストバンド、川﨑のだけ売ってたんですよ。白と黒があったので、両方買おうかと一瞬本気で思ったんですが、裏にでっかく「HAWKS」と入っていたのでやっぱりやめました。
f0089657_1532535.jpg

 春田君も、将来色々とグッズを出してもらえるような選手になるといいですね(強引なオチ…)。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-11-04 15:06 | 春田 剛

中日・春田がキン肉マン?

 10月9日から25日まで宮崎で行われていたフェニックスリーグに、他の若手選手らと共に参加していたドラゴンズのルーキー(と呼べるのもあと2ヶ月かぁ~)・春田君ですが、全試合の経過や結果を調べたわけではないので詳細は分かりませんでしたが、この教育リーグでも春田君はホームランを打ったりタイムリーを打ったりと主軸として活躍していた模様です。

10月15日の試合
10月17日の試合
10月22日の試合
10月24日の試合

 そしてまた、一昨日の中スポには、フェニックスリーグを終え、ナゴヤ球場で秋季練習中の春田君の記事が出ていました。
f0089657_1214818.jpg

 内容的には、このオフに体重を絞って筋肉をつけて…という感じの、まあ毎年この時期の中スポによくある感じの選手の抱負を取り上げた記事なんですが、しかし、見出しの「キン肉マン宣言」って(笑)。自分なんぞはドンピシャでマンガの「キン肉マン」世代ですが、春田君はキン肉マンなんぞ知らんでしょう~? それに第一、どっちかって言うと平田君の方がキン肉マンで、春田君はテリーマンという感じじゃないですか…って、そーいう話じゃないか。
f0089657_1150239.jpg

 まあ見出しの「キン肉マン」自体、別にマンガのキン肉マンの事を指すわけではないのかもしれませんが、それだったら別に漢字で「筋肉マン」でいいわけで、やはりこれは意図してマンガ「キン肉マン」に当てはめたのではないかと。春田君的には「キン肉マンって、俺が生まれる前に流行ったマンガだよな~」程度の認識しかないでしょうが。
 
 自分、少年時代がキン肉マンブーム真っ只中だったんで、その名残からか、今でもコンビニとか寄った時に食玩とかでキン肉マンのヤツとか見かけると、ついつい買っちゃうんですよ。わずか5cmくらいのフィギュアなんですが、また最近のそーいうのって非常に良く出来てて、色々なメーカーから色々なシリーズが出てるんですね。キャラも定番キャラからだんだんマニアックな部類まで出るようになってきたし…。完全に我々世代をターゲットにしてるんでしょうね…って、こんな話もどーでもいいか。
f0089657_11523133.jpg

 いや、自分が言いたかったのは、自分が好きだった「キン肉マン」が、春田君の記事の見出しに字だけでも出ていたというのがなんか嬉しかったなーっていう(笑)。「春田剛とキン肉マンの夢のコラボ」みたいな。そんな大袈裟なもんじゃないか。

 いや、今回の記事で言いたかったのは、ただそれだけなんですが…。

 あ、最近出たキン肉マンの食玩の中ではコイツがお気に入りです。プリズマン。原作通りクリアボディに仕上がっていてリアルです。
f0089657_11542984.jpg

 …ほんまどーでもいい記事ですね。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-11-02 11:55 | 春田 剛

オチョアの後釜にサブロー?/21歳のオチョア

 今日のオチョア絡みの情報。

 大した記事はありませんでしたが、サンスポに「アレックスの後釜に」ということで、FA移籍が噂されるサブローをドラゴンズが獲得するという噂が出ていました。

落合竜、ロッテ・サブローにも興味!アレックスの“後釜”に

 オレ竜もダブルで勝負-。中日がFA補強で日本ハム・小笠原道大内野手(33)に加え、ロッテ・サブロー外野手(30)にも興味を示していることが10月31日、明らかになった。サブローは今季限りでの退団が決定的なアレックス・オチョワ外野手(34)に代わるレギュラーとして期待している。

 小笠原だけではなかった。落合竜の“恋人”は千葉にもいた。PL学園出身でプロ12年目を終えたサブロー。昨年は4番を務め、阪神との日本シリーズでは一発を放った男にターゲットを定めた。

 ここ4年間、外野の一角を担ったアレックスの今季限りでの退団が決定的。右の代打・高橋光も戦力外。そこで白羽の矢が立ったのがサブロー。今季は不振に泣いたが、その能力に目をつけた落合監督は2年前にも獲得に乗り出すなど、水面下で調査を続けてきた。サブローも関係者に「セでもプレーしてみたい」と希望を漏らしているという。

 日本ハム時代から“師弟関係”を結ぶ小笠原と、隠し球的存在だったサブロー。リーグ連覇、日本一奪回に向け、落合竜の動きから目が離せない。(喜瀬雅則/サンスポより)


 信憑性が高いとは思えません。サンスポですから。でも、オチョア退団により、外野の一角が空くのは事実なわけで、先日の李炳圭獲得のニュースと照らし合わせてみても、あながちデマとは言い切れないかもしれません。サンスポですけど。

 …で、サンスポさん。“アレックス・オチョワ”って誰ですか?

 もうひとつ、今朝の中スポに載っていたドラ番記者から。

 アレックスが帰国した。ケビン・ミラーの“代役”として緊急入団してからはや4年。彼には東洋の野球に敬意を抱いた瞬間がある。

 1993年。当時21歳のアレックスは、ハワイ・ウインターリーグに参加していた。対戦チームにスリムな日本人がいた。遊ゴロを打って走る。それがセーフになる。「チョコチョコ当てるだけなのに、すばしっこい野郎だ。ヨシ。内角で脅かしてやれよ」。その内角球は、右翼席場外に消えていった。

 衝撃とともに、その青年の名が刻み込まれた。スズキイチロー。それから10年後。ニッポンに興味をもっていたアレックスは、オファーに飛びついた。試合に出ることにどん欲だったアレックスだが、ドラゴンズでの使命は果たした感が強い。

 今、ハワイでは中村一、堂上が奮闘中。若かりしアレックスのように、すてきな出会いがあればいいなと思う。


 出だしはオチョアの話題のようでいて、その実、無名時代のイチローの逸話だったりウインターリーグに行っている中村一・堂上への激励だったりする、いまいち狙いが分からないこの記事(って自分も人のこと言えない)ですが、「~アレックスだが、ドラゴンズでの使命は果たした感が強い」と、結構イイところを突いています(イタタ…)。

 …ちなみに、このウインターリーグに参加していた'93年当時のオチョアの写真(カード)を見つけました。某オークションより無断転載です。出品者の方、すみません。
f0089657_10352185.jpg

 わっけー(笑)。この口で、「チョコチョコ当てるだけなのに、すばしっこい野郎だ。ヨシ。内角で脅かしてやれよ」ってチームメイトに言ってたんですね。言ってることもアメリカの青春ドラマに出てくる若者が言いそうなセリフでいい感じです。

 しかし、前にも書きましたが、何でオチョアに関しては去就がはっきりしないんでしょう? 今季の成績と年俸を照らし合わせてみると来季の残留はまずない状態ですし、そうなった場合の助っ人外国人選手の退団というのは割とスパッと決まるのが普通なんですが。

 なのに、中スポをはじめどこの新聞も決定的な記事が出ません。サンスポにしても「退団が決定的」、ドラ番にしても「感が強い」どまりで、歯切れが悪いです。

 最後に、'93年当時のオチョアの写真で一番笑えた写真。
f0089657_1039423.jpg

 ほ…ほんとにオチョアか!?(爆)

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi52 | 2006-11-01 10:15 | アレックス・オチョア
管理人紹介&Link

■Izanagi52■
所在…愛知県東三河
性別…♂
年齢…不詳
好きな野球選手…
 ・アレックス(中日)
 ・高橋光信(中日)
 ・春田剛…etc.
 ・久慈照嘉(ex.中日・阪神)
 ・李鍾範(ex.中日~起亜)

■ミニコミの紹介と販売■
DRAGONS NEVER DIE

■管理人別ブログ■
久慈記

■ドラゴンズ関連リンク■
中日ドラゴンズ公式サイト
GO!GO!オチョア☆
SOUTH POLE
ST Dragons studium
BALLPACKER
FOREVER DRAGONS
Dream×Dream

■好きな選手関連リンク■
野口投手登板試合記録所

■友人関連リンク■
BEAT EMOTION

ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
最新のトラックバック
Valium.
from Valium.
Can ultram b..
from Can ultram be ..
Where to get..
from Where to get d..
Acepromazine..
from Acepromazine b..
How to get a..
from How to get a d..
Online pharm..
from Online pharmac..
Mexico farma..
from Mexico farmaci..
Dilaudid wit..
from Dilaudid witho..
Buying acepr..
from Buying aceprom..
How do you p..
from How do you pur..
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧